ブランディングとは?ブランド戦略をする上で必要な要素

こんにちは、福川です。

仕事柄、僕はいろんな人のブログを読みます。

 

凄く上手にブログを活用している人もいれば、デザインが綺麗なのに物凄くもったいないことをしているな、という人がいます。

ブログを頑張ってビジネスに活用しようとしているのはわかります。

しかし、世の中のブログの80%はしっかりと読者にメッセージが届いていない可能性があります。

 

その原因は、ブランディングです。

他の人からどのように見られているのかがブログを読まれるかどうかに関わってきます。

ブランディングが、間違った方向に向いていると、欲しい見込み客を集めることはできませんし、ブログ記事さえ読んでもらえません。

ヒドイ場合ですと、せっかく訪れた自分のブログを開けた0.3秒後には、右上の「×」を押し、離脱してしまう。。。

なんてことにもなりかねません。

 

では、そうならないために、どのように自分のブロンディングを確立すればいいのか。

一つずつお話していこうと思います。

◆コンセプト

ブランディングには必ずコンセプトが必要です。

コンセプトの意味は物事の基本概念のことですが、
商売で言うコンセプトとは、

「誰が、誰に、何を、どのように伝えるか」

のことを言います。

 

今あなたが書いているブログの内容は、”あなた”に
必要な情報が正しく伝わったため、あなたが自分で発信するようになったはずです。

つまり、あなたにとってそのブログの内容の持つ
価値(メリット)がコンセプトによって決められていたことになります。

◆ターゲティング

コンセプトにおける「誰に」を設定することがターゲティングです。

このターゲティングがズレてしまうと、
商品が売れるどころか、ブログにファンは集まりません。

たとえば、小学生に「マンガで分かる節税対策本の紹介」、
高齢者に「次世代ゲーム機の紹介」をしても、
その価値は伝わらないでしょう。

そこで、ターゲットにズレが生じないために、
文字通りターゲットを設定します。

業界ではペルソナを用いてターゲティングすると言います。

これは、
あなたの商品やサービスに対する理想の顧客像のことです。
世の中の人は、性別、年齢、職業、家族環境、生活環境、経済環境などの
要素の組み合わせによって、細かく分類されます。

商品を提供した時に、
どのような要素を持ち合わせた人であれば一番メリットがあり、
喜んでもらえるかを追求した人物像がペルソナです。

 

そして、ブランディングとは、
このペルソナに対して行われるものです。

 

ポイントとしては、
「一人に絞る」
ということです。

 

「みんなに提供したい!」
よりも、
「この人に提供したい!」

 

みんなに良いものは、
その人にとってどうでもいい物になってしまうからです。

◆ポジショニング

ブランディングにとって、もっとも重要なものはポジショニングです。
ポジショニングとは、あなたが活動していく土台のことです。

あなたがどんな職業で起業していくか。
どんな活動をし、集客していくのか。

この部分がぼやけていると、絶対に集客することはできません。
そこでポジショニング戦略を立てる時に以下の2点を抑えないといけません。

①「マーケット・シェア」
あなたの商品・サービスとライバルとの、市場での位置づけ

②「マインド・シェア」
あなたの商品・サービスに対しての、ターゲットとする顧客からのイメージ

①「マーケット・シェア」

例えば、稼ぐスクールを開いたとします。

市場としては、
・毎月5億円稼ぎたい
・毎月1000万円稼ぎたい
・毎月100万円稼ぎたい
・毎月5万円稼ぎたい

 

稼ぐ方法を教えるビジネスをしようと考えたとき
どこに位置する顧客を狙っていくかで、いろいろ変わってきます。

当然ながら、毎月5万円給料よりもプラスで稼ぎたい!
という人に
毎月5億円稼ぐ方法を教えても無理があります。

極端な例ですが、あなたの商品・サービスは
どの市場を狙っていくかが「マーケット・シェア」です。

②「マインド・シェア」

マインド・シェアとは、
「ターゲットとしている消費者からの、製品ブランドイメージ」のことです。

マーケティングの世界では、
非常に有名なアメリカの戦略家「アル・ライズ」と「ジャック・トラウト」は、
下記のように提言しています。

「競争の激しい市場において、企業が成功できるかどうかは、その市場の潜在的な顧客も含めて、顧客の心の中で、どのようにポジショニングを獲得するかで、全てが決まってしまう」

要は、「もしあなたが、”車” を買うとしたら、どのメーカーのどの車種が良いですか?」と聞いて、

・「トヨタの●●」
・「ホンダの●●」
・「日産の●●」

このように、答えに出てくるメーカーや車種以外は、その市場では、勝つことができない。ということです。
カフェでコーヒーを飲むならスターバックスかな、みたいな感じです。
ブログに訪れた読者があなたのことを「○○をやっている人」
ということをしっかりと植え付けることでファンにさせることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログやSNSなど、メディアを持つ上でブランディングはとても重要になってきます。
一つひとつ抑えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です