迷ったときはコレ!コンテンツ制作に使える10の記事種類

ブログ記事を作成する際に、知っておくと便利なコンテンツの種類。情報発信する人にとって読者に分かりやすく届けるのは当然。整理整頓されたコンテンツはアクセスを集め、読者の信頼を勝ち取り、且つ伝えたいことがしっかりと伝わるようになります。

提供する内容によって使い分けることによって、読者に価値を届けやすくなります。するとサイト自体に価値を抱き信頼関係を築くことができます。

ですので、是非頭に入れておいて欲しい内容です。

コンテンツの種類

発信するべきコンテンツの種類を知っておくと、いざブログを書こうとした時に、迷わずに書き進めることができます。

一つひとつ、コンテンツの種類10個を紹介していきます。

1.基礎知識系

初心者向けの情報をまとめる

2.ニュース系

最近の出来事や業界のトレンドなどを伝えます。

3.ハウツー系

具体的な使い方や実践方法を伝える。

ステップバイステップで伝えるとわかりやすい。

4.お役立ち系

幅広いユーザー層の指示を集める可能性が高い。

5.Q&A系

悩みに対する答えや解決策を提示する。

6.まとめ系

他のサイトの情報を整理整頓して分かりやすくまとめる。もしくは自分のサイトの情報をまとめて読者にわかりやすく届けることが出来る。

7.事例系

実際の使用感や体験、事例を伝える。

8.統計・調査系

統計やアンケートなどをまとめ資料価値が高い

9.辞書系

サイトを辞書がわりに活用してもらうことで、読者に価値あるサイトとして見られるようにする。

公開してから時間が経っても必要とされ続けやすい。

10.SNS拡散系

思わず誰かに広めたくなるコンテンツを作成する。

まとめ

いかがでしたでしょうか。サイトをどのように運営するかによって発信するコンテンツは変わってきます。

それぞれで使い分けてサイト製作に活用して欲しい。