ホームページに出す情報はどのくらい出したらいい?良い記事はGoogleからも一目置かれる!

こんにちは、福川です。

「HPに載せたい情報はたくさんあるんだけど、どこまで載せていいもんなのですか?」

ホームページで集客したい方は一度は思ったはず。

僕も昔、悩んだことがあります。

・情報を出し過ぎたらお客さんが商品を買ってくれないんじゃないか
・ライバルからノウハウを取られたらどうしよう

これから、どのくらい情報を出せばいいのかお話していきます。

結論、先に言ってしまいます!

結論を先に言ってしまいます。

情報は出し切ったほうがいい!

お客さんを集客する側として、情報をどこまで出そうかって考えたとき、
全て情報を出し切っていいと思います。

あなたのノウハウや考え方など、情報を出し切るのです。

もちろん、どっかの企業の守秘義務的なノウハウはダメですが、
それでなければ出し切って大丈夫です。

あなたのノウハウや考え方は出したほうがいい

SNSや検索からきた人は情報がほしいから、あなたのホームページにやってくるのです。

訪れた読者にあなたの持っている情報を出し切ることで、
このホームページは私にとって「役立ちそうだな」「すごい情報量だな」
と思わせることが大事です。

よくあるのが、
もっと「シンプルの方が良いのかな」とか「出し過ぎかな」
と思ってしまうことです。

情報量は安心感につながる

もったいぶって隠している場合ではありません!笑

どんどん良い情報は出し切っていきましょう!

Googleからも一目置かれる!

良質な情報を発信することで、
読者はあなたのホームページに何回も訪れるようになります。

読者が求めている情報をしっかりと発信することで
Googleはこのサイトは良い記事を上げているなと判断されます。

そして、良い記事とGoogleから判断されると、
その記事は検索上位に上がってくるようになります。

まとめ

情報を出し惜しみしないことが読者をサイトに留めるテクニックになります。

読者の心を掴み、ファンにさせてしっかりと情報発信していきましょう!