こんにちは、福川です。

結局のところ、人ってそんなに強い生き物では無いと思うんです。

悩んだり気分が落ちたり、やる気が無くなってしまったり
自分のリズムによって下がる。

やらないといけない!って思いつつも
なんだかやる気が起きない・・・

何もかもが、めんどくさくなってくるんです。

もしくは、何も手が付けられずに
ボーッとしてしまって時間だけが経っているなんてことも!

そんな時に、下がったやる気を再沸騰させるにはどうしたら良いのか、自分なりに持っておくと便利かもしれません。

止まっていると停滞する

タイプ的なものもあるかもしれませんが、
人間ってジッと止まっていると
いろんなものが停滞してしまって凝り固まってします。

そんな時に、やる気を再沸騰させる方法を
自分の中で確立させておくと、良いかもしれません。

僕の場合は、やる気が落ちる時というのは
毎日同じことをルーチンでやっていたり
ずっと同じことをやっているとモチベーションが下がります。

刺激が無いというか
つまらなくなってくるんですね〜。

とにかく動いてみる

単純なことかもしれませんが、
僕がやっていることは、とにかく動くこと。

これは、あらゆる意味があって、
運動もそう、感動もそう、

物理的な移動もアリ!
感情が動くようなことをやるのも効果的!

新しい体験をしてみたり
新しい出逢いを求めてみたり、

自分の中で新陳代謝を起こし、
良い細胞分裂を感覚的に感じること!

僕自身、常に新しいことにチャレンジしてみたいし
毎月のように出逢う人が変わり
半年後、まったく違う面白いビジネスをスタートしているかもしれない。

淡々と刺激の無い日常を送っていたら
当然、つまらないという感情になるし
やる気なんて起きてこない。

決まったルーチンをしていると
決まっている未来を過ごしていく感覚ですよね。

もう見えちゃっている未来には興味が無い。

何が起きるかわからないから面白い

だから、とにかく動いてみる。

普段やってないことをやってみる

とにかく動く、とは言っても何をしたら良いの?

そんなに難しく考えないでくださいね^^

自分がワクワクするだろうな!ということをやってみるのです。

ここは、自分の感情に素直になると良いです。

スポーツするのも良し、
読書してみる
感動するような映画を見に行く
早起きしてランニングをしてみる
食材を買って凝った料理をしてみる
仕事終わりにまっすぐ家に帰らずぶらり旅に出てみる
英会話を始めてみる
今まで会っていなかった人に連絡してみる
などなど

考えたらキリがないほど、出てくると思います。

自分が今現在、ピンときた
普段やっていないことをとにかくやってみる。

やる気が上がるポイントを知っておく

上がったやる気は「いずれ下がる」
ということを理解すると、対策が打てます。

落ちた時にモチベーションを上げる方法を作っておくことができます。

わかりやすい例で言うと、

日本橋で働いているOLの26歳女性が
淡々とひたむきに仕事をしていて、
ハゲた上司からどうでも良いことで叱られ落ち込んでいる時に、
近くのコンビニの甘いスイーツを食べて気分を取り戻す!

みたいな感じ。

太ってでも良いから
イライラしている気分を取り戻すために
甘いスイーツを食べちゃう。のです。

このように、やる気が落ちているなという時に
やる気を取り戻す特効薬を自分の中で持っておくと良いです。

忙しい時こそ、素敵な刺激を

特に会社員の人に意識をしてもらいたいのですが、
本当に毎日毎日、忙しく仕事をしていると
何のために仕事をしているのかわからなくなってしまいます。

僕も建築業界で会社員をしていた頃は、
リアルに休みがなく、家には寝るだけブラック状態でした。

だんだん、苦しくなってくるんですね。

そんな時にやっていたことは、
どんなに忙しくても、何時になっても良いから
月に1回はスーパー銭湯でリラックスをする。ということでした。

その1回のスーパー銭湯は、
かなりの超回復をもたらせてくれました。

体力的にも精神的にも、感情的にも・・・

24時間やっているところだったので、
深夜の1時に行って、1時間半入って、家に帰って寝て、
翌日7時には起きて仕事へ行ったこともあります。

無理をしてでも、リラックスすることで、
前と、後ででは全然効果が変わります。

忙しい時こそ、素敵な刺激を求めてみてください。

まとめ

「やる気が起きない」という状態は、本当に時間の無駄です。

何も生産性を生み出しません。

そして、上がったやる気が下がるのは必然の出来事です。

そこで、あなたが下がったやる気をどう上げていくのか、
もしくは、如何にやる気を維持するのかが重要です。

もし、やる気が下がっているな。と感じたら
とにかく、動いてみましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。