行動心理学 ザイオンス効果(単純接触効果)とは

ザイオンス効果とは、同じ人や商品、キャラクターに接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のことです。

日本語では、「単純接触効果」と呼ばれています。

ザイオンス効果(単純接触効果)の語源

1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが広めました。

また、彼の名前が「ザイアンス」と表記されることもあることから、「ザイアンス効果」と呼ばれることもあります。

 

ザイオンス効果(単純接触効果)の例

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、だんだんと好きになっていった経験はありませんか?

たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、だんだんと好意を感じるようになったことはありませんか?

これがザイオンス効果です。

営業と広告でのザイオンス効果

たとえば、営業マンが何度も同じ顧客を訪問して、その度に雑談だけして帰って行くことがあります。これは、何度も訪問することによって、まずは自分に好意を抱いてもらうことを目的にした営業方法です。

相手の好意を確信したら少しずつ商品の営業をはじめるわけですが、初回の訪問でいきなり商品を売ろうとするよりも、購入してもらえる可能性が高くなるようです。

また、ザイオンス効果は、短期間に何度も接触する場合でも、十分に効果が期待できます。

たとえば、テレビのCMで短期間集中して商品をプロモーションすることがあります。これは、顧客と商品を短期間に何度も接触させることによって、一気に親しみを持ってもらうのが狙いです。

一度親しみを持ってもらうことができれば、ほとんどの場合、その後しばらくテレビCMで見なくなったとしても好印象が持続します。

同じ広告費を使うのであれば、長期間にわたって散発的にCMを流すより、短期間で集中的にCMを放送する方が、良い結果が期待できるのです。

ザイオンス効果(単純接触効果)の活用。

ザイオンス効果を狙って広告を打つ場合、長期的に少しずつ広告をするよりも、あらゆる場所で露出させ接触回数を増やすために集中的に広告を出すべき。

そして、何度も接触させることで親近感を抱かせることが、ザイオンス効果です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です