他の職業もしくは働き方と比較して、残念ながら孤独を感じやすいのがフリーランスになります。

フリーランスによっては、深刻な状況が発生してしまい、強い孤独を感じることで仕事に悪い影響を及ぼしている場合があります。

そこでフリーランスができる限り孤独を感じないで仕事を行うには、どのような部分に注意しないといけないのか紹介します。

またフリーランスが孤独を感じてしまう原因なども説明していきます。

そもそもなぜフリーランスは孤独になりやすい?

フリーランスは孤独

フリーランスが孤独を感じやすい部分として、様々な要因が関係しています。

必ずしも孤独を感じてしまう訳ではありませんが状況によっては、孤独を強く感じることで仕事にパフォーマンスが低下するケースも存在しています。

どのような理由によって、フリーランスは孤独を感じやすいのか主に3つの理由が発生しています。

一人で仕事を行うケースがほとんど

基本的にフリーランスは、会社勤務の方と違って一人で黙々と仕事をするケースがほとんどです。

自宅で仕事をすることが多く、クライアントから提供された仕事を実施していき、完了することでお金を獲得できます。

慣れていない方はこの部分で強い孤独感を感じてしまい、仕事に影響を及ぼしてしまう場合があります。

特にフリーランスとして仕事経験が浅い方や寂しがり屋の方は、孤独感を感じやすいので気を付けないといけないです。

フリーランスとして仕事をする以上、ある程度の孤独は覚悟しなくてはいけません。

多くのフリーランスが現状活躍しているのですが孤独な状況を理解した上で、仕事を行っており、貴重な戦力として活躍しています。

人に会うことが激減

会社に在籍しており、仕事をしている方は出勤することで誰かに会うことになります。

余程のことがない限り、出勤してからずっと一人ということはなく、孤独感を感じにくくなっているのが実態です。

しかしフリーランスは、自宅で仕事をすることが多く、クライアント先に出勤する頻度もかなり少ないです。

このような理由もフリーランスが孤独を感じやすい要因の一つで、フリーランスによっては悩まされている部分になります。

これも個人事業主の一人として仕事をするので、致し方ない部分はあります。

長い間何かの会社に在籍しており、新しくフリーランスとして仕事を希望している方は必ず当たる壁です。

乗り越えることができないと優秀なフリーランスとして活躍することができないので、ある程度孤独を感じても一生懸命仕事をするのがポイントです。

様々な時間帯で仕事をしなくてはいけないことが多い

必ずしも日中で仕事をしなくてはいけない訳ではなく、提供された案件の仕事内容によっては、夜遅い時間帯でも働かないといけない場合があります。

会社勤務の方は、日中に仕事をしていることが多く、夜の時間帯になると仕事帰りで様々な付き合いを実施しています。

しかしフリーランスは、必ずしも夜の時間帯が空いている訳ではないので、上手く人付き合いを行えない恐れが出てきます。

特に昼夜逆転しているフリーランスは、中々知人や友人とコンタクトを取ることができないです。

それによって孤独感を感じやすく、フリーランスとしてもパフォーマンス低下を引き起こしている恐れがあります。

またフリーランスは稼ぎ時に仕事をしないとたくさんのお金を稼ぐことができません。

その結果、仕事とプライベートが混同してしまい、孤独感を感じるケースも少なからず存在しています。

フリーランスが孤独を解消する対処方法

フリーランスは孤独じゃない

孤独を感じながら仕事をしなくてはいけないのがフリーランスになります。

ただし孤独な状況を少しでも改善することは可能です。

どうしても孤独に耐えることができないというフリーランスは、3つの方法が存在しているので実施することでちょっとでも孤独感を感じないで済みます。

そしてフリーランスとして、高いパフォーマンスを発揮しやすくなります。

客先常駐型の案件を選択

自宅や所定の場所で黙々と仕事をする案件を選択するのではなく、フリーランスとして客先常駐する案件を選択すれば、多くの人と接しながら仕事を行うことができます。

客先常駐型の案件も現在ではかなり増えており、無事参入することができれば、クライアント先で仕事を行えるようになります。

一人で黙々と仕事をすることは無くなり、同じ客先常駐している人材とコミュニケーションを取りながら仕事を行うことができるので、孤独感を感じにくいです。

ただし客先常駐する場合、常にクライアント先から見られている状況になります。

大きなミスやトラブルをしてしまうと案件から外される可能性があるので、ミスやトラブルを起こさないように気をつけることが必要です。

一生懸命仕事をしていき、優秀なフリーランスとして活躍することが求められてきます。

そうすれば現状の案件が終了した場合でも再び新しい案件を紹介してもらい、客先常駐のフリーランスとして仕事を行えるようになります。

小まめに電話やメールで連絡を取る方法

孤独感を感じないようにする工夫として、小まめに電話もしくはメールで連絡を取り合うことが大切です。

クライアントによってはチャットツールでコミュニケーションを取れるようにしており、仕事に悪い影響を及ぼさないようにしています。

必要最低限の連絡しか行わないのではなく、電話やメールなどを小まめに使用していき、連絡を取っていけば孤独感を感じにくくなります。

仕事内容でも構わないですし、ちょっとした話でも全然問題はありません。

しかしクライアントによっては、小まめに連絡を取り合うのが嫌がる場合もあります。

また連絡が遅い時もあるので、その点を配慮しながら電話やメールなどで連絡を取っていかないといけないです。

知人や友人と連絡を取れるように仕事を上手く調整

フリーランスの仕事によって、知人や友人と連絡が取れないという状況を極力発生させないように仕事を調整することがポイントです。

孤独な状況を避けたいと考えているフリーランスは、できる限り日中の仕事に携わるように努力していき、休む時はしっかりと休むようにメリハリをつけることが大切です。

早朝から深夜までずっと働きっ放しだと知人や友人と連絡を取るのが難しいです。

それによって孤独感が徐々に強くなるので、注意しないといけません。

仕事をしている時に孤独感を感じた場合でも仕事終了後に知人や友人とコミュニケーションを取れば、孤独を解消しやすいです。

また気持ちもリフレッシュしやすいので、再びフリーランスの仕事をする時に気分一新された状態で仕事を行えます。

仕事のパフォーマンス向上も期待できるようになるため、仕事をコントロールすることもフリーランスにとって重要です。

フリーランス仲間を作ろう

これが最も孤独を解消する方法かもしれません。

フリーランスとは会社に属さず活動する体制ですので、自分と同じようにフリーランスとして活動している人と交流するといいです。

一緒に1つのプロジェクトをこなしたり、パートナーとして相談に乗ってもらったり、どこか一緒に出掛けたりすることもできます。

フリーランス同士だと志も一緒ですので、一緒に居て楽しいです。

今はオンラインサロンも多数ありますので、そういったコミュニティに属すこともポイントになってきます。

フリーランスの孤独解消まとめ

提供された仕事を黙々と実施していくので、どうしても孤独を感じやすいのがフリーランスの実態です。

人に会う機会も少ないですし、状況によっては色んな時間帯で仕事をしないといけないので、孤独感を更に強める可能性もあります。

特にフリーランスの経験が少ない、もしくは寂しがり屋のフリーランスは、孤独を感じやすいので気を付けないといけません。

そこで客先常駐の案件を選択したり、小まめに電話やメールでコミュニケーションを取っていけば、孤独な状況を発生させないで済みます。

また過度に仕事を実施するのではなく、知人や友人とコミュニケーションを取れるように日中の仕事を優先するなどの工夫も効果的です。

そして自分と同じようなフリーランス仲間を作ることもポイントです。そういった仲間がいれば仕事のモチベーションにも繋がります。

このように対策を実施すれば、ちょっとでも孤独感を感じないで、フリーランスとして仕事を行えるようになります。

雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

  • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

 

あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

 

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

 

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

 

雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

 

他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事