在宅ワークが主流になっていることから、フリーランスのライターになりたい人が多くなってきていますね。

パソコン1つあれば収入上げることができるライターの仕事が特に主婦層に人気ですが、副業で稼げるようになったからフリーランスのライターに独立なんて人もいるでしょう。

では、フリーランスのライターになるには、どんなスキルや資格が必要なのか分かりやすく記載していきますからぜひ参考にして下さいね。

フリーランスのライターの平均収入

平均年齢 30代~40代
平均月収 20万円~30万円
平均年収 200万円~300万円
1案件平均単価 1文字1円~

フリーランスのライターの場合、平均収入の行方は1記事辺りの案件の単価によってくるでしょう。

例えば、同じ5000文字を作成する案件であっても、単価が1文字1円の場合だと5000円、1文字0.5円だと2500円になってしまいます。

もちろん、単価を上げていく為にはそれなりのライティングスキルが必要ですが、大きく飛躍して稼いでいる人は平均単価が高い傾向にあります。

フリーランスのライターの仕事内容

ライター

結論から言えばフリーランスのライターの仕事内容は多種多様です。

  • コラムライター
  • Webライター
  • ゴーストライター
  • セールスライター

など、実に様々ありますね。

例えば、雑誌や新聞などの紙面の記事などを書くコラムライターから、特集記事などを書く記者などがあります。

あるいは、WEB媒体であれば、WEBライターなどがあります。

WEBライターは、最近多いのは、ブログやアフィリエイトなどの記事の作成をするライターです。

いわゆるゴーストライターで、記事の執筆だけを請け負います。

あるいは、セールスライターというのもあります。

セールスライターは、広告媒体であれば、コピーライターなどにも近いのですが、販売を目的とした文章を作ります。(通称ランディングページ

企業のHPの商品紹介や、ECサイトの商品紹介、あるいはWEBマガジンなどのライターもいます。

このようにライターとひとことでいってもかなり幅広いですね。

しかし、フリーランスのライターであれば仕事を得る場所としては主に、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングがありますので、フリーランスのライターになりたい人にとっては、必要不可欠なサービスかもしれませんね。

フリーランスのライターになる為に必要なスキル

フリーランスのライターになるための必要なスキルは、主に2つあります。

情報検索能力

情報検索能力はライターになる人にとって、必要不可欠と言えるでしょう。

ライターの記事内容は多種多様で、最初は専門知識の必要のない記事を書くことも多くあるでしょう。

しかし、情報検索能力が無ければ、専門知識を必要とする記事を書く事もできず、単価も上がることはありません。

もちろん、すでに身に付けている専門知識に多くの需要があれば、自ずと単価は向上していきますが、専門知識がない場合、記事案件に対して情報を自分なりに整理し、記事執筆していく必要があります。

とはいえ、情報はGoogleやYahoo!で検索すれば多くの情報が出てきますから、専門知識を身に付けながら記事執筆をしていくのも良いです。

読者に分かりやすく伝える為の執筆能力

執筆することは誰しもが可能ですが、読者に分かりやすい説明で文章を執筆するにはそれなりのスキルが必要です。

例えば、専門知識ばかりを並べた記事よりも、誰が読んでも理解できる記事の方が読者には伝わりやすいです。

また、読者に分かりやすい記事を執筆でき、尚且つ深い説明文を作成することが出来れば、ライターへの仕事を発注するクライアントからも評価が高まり単価がアップする可能性もあります。

ですから、フリーランスのライターとして活躍したい人は、読者に分かりやすく説明する執筆能力も必要になってきます。

記事作成をする為のPCスキル

ライター業の場合、ほとんどがパソコンで記事を執筆します。

もちろん中には紙に書いて執筆する人もいますが、文章を作成するスピードを考えるとPCの早いです。

クライアントへの納品は、Word、Googleドキュメント、あるいはWordpressへ直接入力して納品するなど様々な納品方法がありますが、ほとんどがPC業での作業が必要です。

ですから、最低限ブラインドタッチができる位のスキルは必要でしょう。

フリーランスのライターになる為に取得しておきたい資格

ライター

フリーランスのライターになるための資格はそれほど重要ではありません。

しかし、資格を持っていることで自分自身のライティングスキルを向上することにもつながりますし、クライアントからの単価の評価にもつながります。

ですから、資格を持っていたら今後の活躍に有利と思って見ていきましょう。

WEBライティング能力検定(旧Webライター検定)

WEBライティング能力検定とは、日本WEBライティング協会が認定している資格で、WEBライターとして仕事をする上の基礎知識などが集約されています。

主な内容は、国語力、webライティング能力、メールライティング、SEO知識、法律等です。

そしてwebライティングに関する小論文作成もあります。

1級、2級、3級があり、1級が一番高い能力があることの証です。

WEBライティングのスキルではもっともメジャーな資格と言えるでしょう。

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、日本クラウドソーシング検定協会の資格です。

この資格は、300文字ぐらいの記事を4本書いて、それで合否が決まります。

約半数の人が合格すると言われている為、それほど難易度の高い資格ではありません。

ただし、検定を受給する為には教材を購入することが必須となっていますので、教材を購入してまでWEBライティング技能検定を受けたくない人という人は受けなくても良いでしょう。

しかし、資格があることで仕事案件の価格が上がる様であれば、資格を取っておいても良いかもしれませんね。

WEBリテラシー試験

WEBリテラシー試験は直接ライティングに関係している訳ではないですが、WEB上で仕事をする上での基礎知識や決まりなどに関する資格です。

この試験では、Web検定やWebアソシエイトという資格を取得でき、2年間有効です。

ライターとしてより上に行きたい、例えば編集などもやりたいという人はこの資格をもっていると有利と言えるでしょう。

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定とは、近年ネット上における著作権問題のエキスパートとしての資格が得られる資格です。

国内では著作権に関する国内唯一の資格とされ、ライターとして働くだけでなく、エディター(編集者)やWebサイトの管理者として活躍してたい人にはおすすめの資格です。

やはり著作権に関する事柄は、ネット上に記事を公開する以上、必要不可欠の資格と言えるでしょう。

フリーランスのライターが働く主な場所

ライター

自宅

フリーランスのライターの人の主な仕事場所は自宅です。

ライターの仕事はパソコンを使用する為、在宅ワークとして働けるのが大きな強みです。

フリーランスのライターのもっとも良いところで、最近は主婦で子育てをしながらの人や、遠隔地で会社に通うことができない会社員の人が副業として空いた時間にするなど、いろいろな人が在宅ワークならではの強みを生かして自宅で働いています。

クラウドワークスやランサーズに需要があるのは、まさに在宅ワークの仕事がいつでもできることが理由と言えるでしょう。

コワーキングスペース

自宅とは別にフリーランスのライターの仕事場所と言えば、コワーキングスペースなどで働くことです。

コワーキングスペースは、賃貸へスペースを間借りして、月々契約、あるいはスポット契約で仕事場を借ります。

特に都心部ではこういった仕事場が人気となっており、フリーランスのライターの人もこういった場を借りて仕事をする人が増えています。

自宅には無い良さとして、

  • 集中して仕事ができる
  • オフィス用品やIT機器など備品が豊富なので仕事が進めやすい。
  • ミーティングなども行える部屋も完備されているので、商談や折衝などもできる。

など、様々な利点があります。

しかし、コワーキングスペースを借りて仕事をするとなると、使用料金が発生する為、ある程度ライターとして収入が確保できるようになってからが良いでしょう。

ライターがフリーランスとして働く時に気を付けること

ライター

単価の安い案件を受けない

収入に直結する仕事案件で、フリーランスのライターの収入は決まってきます。

クラウドソーシングを使用してクライアントから仕事を請け負う場合、1文字0.5円の案件と1文字1円の案件で比較すると、同じ作業量でももらえる金額が倍近く違ってきます。

ですから、フリーランスのライターとして活躍していきたい人は、単価の安い案件は受けない様にしましょう。

信頼のおけるクライアントを見つける

よくあるケースとして、クラウドソーシングを活用して直接取引で仕事をし、記事を納品したにもかかわらず料金が支払わないケースです。

クラウドソーシングのサービスでは原則として直接取引は禁止されている為、料金が支払わないのは直接取引を請け負ったライターの責任になります。

ですから、もらえる金額が増えるからと言って、安易に直接取引をせずに、きちんと信頼のおけるクライアントかどうかを見極めてから直接取引をしましょう。

フリーランスのライターとして活躍していきたいなら

副業の傍ら仕事ができる在宅ワークですが、クラウドソーシングでは1案件の単価が安いといった様々なトラブルがあります。

しかし、フリーランスのライターとして活躍するのは、自分のぺースで仕事ができることや、頑張りによって収入が大きく飛躍させることもできます。

ですが、クライアントが求める記事作成が出来なければ、単価が上がることもありませんし、収入も大きく飛躍しません。

また、記事作成ができるのであれば、自分自身でブログを立ち上げて情報発信、あるいはアドセンスやアフィリエイトで稼いでいくのも有効な手段です。

当サイト大人の楽屋では、実績のある講師陣達が、ライティングスキルからサイトの立ち上げ、売れるコピーライティングの書き方などを実践を踏まえてアドバイスをしています。

また、フリーランスとして活躍する人も多くいますから、これからフリーランスのライターとして活躍していきたいのであれば、ぜひ大人の楽屋がどんなところなのかを見て下さいね。

雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

  • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

 

あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

 

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

 

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

 

雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

 

他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事