会社を退職

今もたくさんの人が色んな会社で仕事をしており、貴重な人材として働いています。

ただ会社で働いている人によっては、様々な要因が重なってしまい、会社を退職したいと考えている場合もあります。

退職を検討している人にとって、少しでも短い期間で退職したいと考えることも多いです。

そこで最短どのくらいの期間で退職する事ができるのか説明していき、短期間で退職するための方法や注意点などを紹介していきます。

会社は最短2週間で退職できるけど...

会社を今すぐに辞める

法律上(民法6271項)では2週間前に退職届を提出することで、会社を辞めることができます。

第627条

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

引用:民法第627条

ただ会社の規則によっては、1ヶ月前や2ヶ月前に設定されている可能性があるのでよく確認しなくてはいけません。

すぐに辞めるのはとても難しくなっており、中々実現することができないです。

その理由として、貴重な人材がいなくなってしまうので、引継ぎ作業を実施しなくてはいけません。

特に難しい仕事を実施していた人は、引継ぎに時間がかかりやすいです。

そこで多くの会社は、会社規則で1ヶ月もしくは2ヶ月前に退職を申し出ないといけないことが記載されています。

このような対応をすることで、大切な人材が退職する時にスムーズな引継ぎを行えるようにしています。

また貴重な人材を確保するための期間として、長めに設定されている会社も多いです。

どのくらい前から退職の意思を伝えないといけないのか各々の会社で異なっているので、確認してから退職届を提出することが必要です。

今すぐに退職するには

会社を今すぐに辞める

どうしても今働いている会社や環境が嫌で、退職したいと考えている人も中にはいます。

そこで運がよければ、即日退社できる可能性があるのですぐに辞めたい人は実施して損することはないです。

会社の合意を何としても得ることが大切

基本的に法律では、退職する2週間前に退職する意思を伝えなくてはいけません。

そこで多くの人が遅くても2週間前に退職を伝えており、少しでもスムーズに退職できるようにしています。

ただし会社の合意を何とか得ることができれば、即日での退職も可能です。

会社によっては無理に働かせたくないと考えていて、即日の退職に柔軟な対応をしてくれるケースがあります。

この場合は、2週間待たなくても速やかに退職することができ、新しい職場などを探すことができます。

しかし会社が即日で退職を認めてくれるのは、かなりレアなパターンになっています。

通常の社員は、何かしらの業務に携わっており、いなくなってしまうと困ってしまうことがほとんどです。

即日退職を認めてしまうと会社にとって大きな痛手になるので認めてくれないことが非常に多いです。

それでも会社や職場によっては、即日退職を認めてくれる場合があるので、思い切って即日退職を申し出るのも選択肢の一つになります。

2週間分の有給休暇を使用して強引に即日退職

一般的な社員は、勤続年数に合わせてある程度の有給休暇を獲得することができます。

法律で定められている2週間前に退職したいことを伝えていき、そこで有給休暇を使用することができれば、即日退職することが可能です。

ただ即日退職できるだけではなく、有給休暇を使用しているのでその分給料を受け取ることができます。

お得に辞められる方法になっており、実際にこの方法を実施している人も多いです。

しかし強引に有給休暇を使用する方法なので、これまで勤めていた会社との関係が悪化しやすいです。

事前に引継ぎ作業などを終了させており、2週間前に伝えることができれば、少しでも円満に退職することができます。

また有給休暇を最低でも2週間ほど確保していないと残念ながらこの方法を実施することができないです。

様々な事情によって、有給をすでに使い切っている人には、残念ながら活用できない方法になります。

速攻で会社を退職する際の注意点

会社を今すぐに辞める

すぐにでも会社を退職したい人は、様々な注意点が存在しているので、きちんと理解することが必要です。

どうしても気持ちが焦りすぎてしまい、注意点を理解していない状況の中で退職を申し出る人が多いです。

トラブルに巻き込まれる可能性を少しでも減らすため、きちんと注意点を理解してから退職を伝えることが大切になります。

退職理由をきちんと考えること

すぐにでも会社を退職したいと考えている人は、明確な退職理由を会社側に伝えないといけません。

あまりにも自分勝手な退職理由の場合、退職が認められないだけではなく、トラブルに巻き込まれる危険性もあるので注意です。

退職理由はその人によって異なってくるので、慎重に考えることが求められてきます。

面倒だからといって、一身上の都合という退職理由にまとめてしまうと会社によっては、詳しく聞いてくる場合があります。

その時は身内の介護が必要になったなど上手く対応することで、できる限り怪しまれないで済み、少しでも退職しやすい状況を作り出せます。

もし退職理由の嘘がバレてしまった時、険悪な雰囲気になりやすくなるので要注意です。

引継ぎ作業のことを考えなくてはいけない

引継ぎ作業のことを考えて退職すれば、少しでも円満に退職しやすくなります。

どのような仕事に携わっているのか退職を検討している人で異なっており、難しい仕事をしている人ほど引継ぎ作業が複雑化しやすいです。

そこで予めマニュアルを作成しておき、スムーズな引継ぎを実施できるようにするのがポイントです。

このような対策をすることで、1日でも短い期間で退職できる可能性が出てきます。

円満に退職できるように話し合いを実施

すぐに退職したいのなら何としても会社に合意を得なくてはいけません。

自分勝手に即日退職を希望して、出社拒否などの対応をしてしまうとトラブルに発展しやすいです。

最悪の状況として、勤めていた会社に訴えられる可能性もあるので、何としても避けなくてはいけないです。

どうしても即日に退職したいことを伝えれば、会社側が柔軟に対応してくれてすぐに辞めさせてくれる可能性があります。

かなり成功率は低いですが実施しないとすぐに退職するのは難しいです。

ここで残念な結果になりそうでも諦めずに話し合いをしていけば、会社側が対応してくれるチャンスが発生します。

後日会社や職場に行かないように対策

短い期間で退職をしたいと考えている人は、退職のことを考えすぎてしまい、色んな手続きを忘れてしまう場合があります。

もし退職に必要な手続きを忘れてしまうと再び退職した会社に訪れないといけないです。

遠くから通っていた人は、かなり面倒な手順なので退職に必要な手続きをきちんと終らせてから退職することがコツです。

必要な書類をしっかりと準備すること

退職をするには、一般的に退職届を提出することが求められてきます。

そこで退職届を作成しておかないとスムーズに退職できない恐れがあるので注意です。

退職届以外にも会社によっては、提出しないといけない書類や物などもあるので、よく確認することが大切です。

必要な種類をしっかりと準備できないと会社によっては、退職を認めてくれない可能性が出てきます。

すぐに退職するのがどうしても難しくなってしまうので、このような状況が発生しないようにしっかりと準備しないといけません。

引き止めにはくれぐれも注意すること

優秀な人材ほど巻き込まれやすい問題なのが引き止めの問題になります。

会社にとっては、貴重な人材を一人失うことになるので、会社の事業や業務に影響を及ぼします。

そこで貴重な人材を失わないようにするため、引き止めを行うことも少なくありません。

もしも引き止めされた時は、強い気持ちをもちながらお断りすることが求められてきます。

引き止めに承諾してしまった場合、会社を辞めることができなくなるので注意です。

強い気持ちをもち、退職する意思を伝えることで引き止めも何とか対応することが可能です。

ここで注意しないといけないのが脅迫的な態度で、引き止めを実施してくる場合もあります。

精神的に大きなストレスを感じるかもしれないですが勇気を出して、引き止めの脅迫などにも対抗することが必要です。

あまりにも酷い場合は、退職代行サービスや弁護士に依頼することで退職のサポートを受けられます。

そして円滑に退職できるように取り組んでくれるので、心強い存在です。

この引き止め問題は、たくさんの人が巻き込まれやすい注意点なので気をつけないといけません。

結論は有給休暇を使えば即日退職できる可能性は上がる

法律上では2週間前に退職を伝えないといけないのですが会社が合意した時、即日で退職することができます。

ただ引継ぎや人材確保などの問題により、中々会社が合意してくれることは少ないです。

そこで強引に有給休暇を使うことで、即日退職できる可能性が生まれてきます。

しかし強引な有給休暇の使用なので、これまで勤めていた会社との関係が険悪になりやすいです。

その他にも注意点が色々と存在しており、まずは引き止められる可能性があるので強い気持ちをもって、断ることが求められてきます。

更に退職届やその他必要な書類をしっかりと準備しないと円滑に退職するのが難しいです。

退職理由をきちんと考えないといけないですし、引継ぎ作業をスムーズに実施するため、マニュアルなども作成しないといけないです。

色々と注意しないといけない部分があるのですが一つずつ冷静に対処していけば、短期間で退職できるチャンスが発生します。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事