会社を辞める決断

会社を辞めるというのは大きな決断ですが、どうしてもやらざるを得ないときもあります。

会社の目指す方向性や人間関係、自分が望む人生にはギャップが生じがちで、一生働きたいと思える会社に出会えることが珍しいからです。

経済的な事情などが原因となるケースもあり、ある程度柔軟な思考を持った方がプラスの選択ができることもあるのです。

会社を辞める決断をする時の基準

会社を辞める判断

心身の健康に問題が生じた時

会社を辞める決断をする時に重要になるのが、自分が健康的な生活を出来ているかどうかです。

身体面だけでなく心の健康も重要で、ストレスが原因で暴飲暴食を続けてしまうなど、身体にも影響を及ぼしているケースもあります。

働く上で何年働けるかは重要で、同じ生活を数十年単位で続けて心身の健康が保てないと判断した場合は会社を辞めるのも選択肢に入ります。

もちろん、一時的な忙しさで乗り切れれば問題が解決するのであれば働き続けるのも方法です。

会社側と労働時間の交渉をするのも方法です。

しかし、無理をすれば心身の異常から働けなくなるリスクがあることは理解する必要があります。

長く働くためにも、健康の維持は重要なのです。

コミュニケーションが取れない時

会社の人間とコミュニケーションが取れない時も会社を辞める決断の時になります。

上司と話が合わない、同僚と円滑なコミュニケーションが取れないからなどの理由で退職を決断をする人もいます。

いじめやパワハラ、セクハラなどが問題になるケースがあるのもポイントです。

重要なのは、改善の為の行動が取れるかどうかです。

セクハラやパワハラが問題であれば、相談部署が機能しているのか、部署や配置の移動などで被害を減らせないかも視野に入ります。

相談しやすい環境があるかも大切で、人間関係を大切にしている企業では何らかの救済策を用意していることが多いのです。

気に入らないことがあって辞めるという短絡的な行動では、再就職や転職などの労力の方がかかってしまう恐れもあります。

話が通じない、全くコミュニケーションが取れない場合は、より円滑な関係が築ける企業や職場を探すのも方法なのです。

労働環境の不満の改善など、労働者に対する配慮が欠け、話し合いの機会の場や意見を拾う場が設けられない場合も辞めることが視野に入ります。

会社の将来性に不安がある時

会社の将来性に不安がある場合は、会社を辞めるかどうか考えるのも方法です。

会社の経営が順調でなければ会社の倒産リスクや、出世や昇給にも影響が出てきます。

新しい人材が入ってこない状態が続き、常に人手不足で残業続きになるのも危険で、転職や会社を辞める決断をする理由になりえるのです。

ただし、注意点もあります。

今の会社を辞めたとして、次の会社はもっと良い状態かは考える必要があるからです。

同じ業種や業界であれば、転職先の企業も同じような課題をかかえている可能性も出てきます。

斜陽産業(しゃようさんぎょう)という言葉があるように、産業自体の成長が見込みづらく、自分の技術を生かせる環境が常にあるとは限らないのです。

斜陽産業とは、需要が減少している産業のことをいいます。

例えば、日本ではエネルギー革命によって衰退してしまった石炭産業や、海外製品の登場によって優位性を失った繊維産業などが挙げられます。

引用:WORK SUCCESS.

ブランド化などの工夫が出きる企業を探す、あるいは思い切ってキャリアチェンジを視野に入れるなど、自分の可能性を生かせるかは考える必要があるのです。

会社を辞めるのを後悔しない為には

会社を辞める判断

今後の計画を明確化する

会社を辞めるのを後悔しない為には、後先のことを良く考える必要があります。

重要なポイントになるのが、生活が改善されるかどうかです。

健康上の問題があれば、ドクターストップなどで仕事が出来なくなるケースもあります。

ただし、ドクターストップがかかったからすぐに辞めなければいけないわけではなく、傷病手当などの制度を利用しつつ、休職することも視野に入ります。

様々な制度を知り、自分の選択肢が増やせないかをチェックすることは大切です。

仕事を辞めた後の収入源

仕事を辞めた後の収入源の確保もチェックしたいポイントで、自主的な退職であれば失業給付がすぐに受けられないといった現実にぶつかる場合があります。

残業が多すぎて労働基準法で定められた範囲を超えている、パワハラやセクハラがあった、求人と雇用の条件に違いがあるといった会社側の問題がなければすぐに失業給付は受けられないのです。

支給条件と支給額を確認し、生活が難しいのであれば先に働きながら転職活動をすることも視野に入ります。

転職先

転職先がどんな企業か調べるのも重要で、焦って転職した結果転職前の環境の方が良かったと考えるようになる人も存在します。

後悔をしない為には、決断を裏付けるだけの事前の情報収集や、辞めた後の生活を考えることが大切なのです。

例外なのがパワハラやセクハラがひどいなど、耐えるのが難しい場合です。

訴訟などをするのにも体力とお金が必要になる為、割に合うのかを考えて早めに退職を決断する方法もあります。

退職時の理由としてパワハラやセクハラを挙げ、上司や会社に改善を促し、実行されないようであれば辞めるといった手段もあるのです。

なぜ会社を辞めたくなるのだろうか?

会社を辞めたい

会社を辞めたくなるのは、

  • 自分が思うように仕事ができない
  • 人間関係がうまくいかない

といったストレスが原因になるからです。

会社の成長性が低く、収入増が見込めない場合も不満がたまり、辞めたいという気持ちが強くなります。

特に、周囲と比べた際の収入などのギャップなどが激しいほど不満が募りやすく、辞めたいという気持ちが強くなるのです。

辞めたいと思わないような会社が珍しいのもポイントです。

自分に裁量を与えてくれたり、ちょうど良い量の仕事だけを回してくれる、成長を見守ってくれる企業は稀です。

裁量には責任と能力が伴い、仕事の量はどの程度がちょうどいいのかは会話をしなければわかりません。

人に無限に投資できる会社は存在しない為、どうしてもシビアにならざるを得ないのです。

ただし、シビアになる余りに人材を使い捨てにする企業が存在するのもポイントで、ギャップが生じることも多くなります。

労働者一人一人の欲求や不満を広い、擦りあわせられるほどの余裕がある企業はほとんどないのです。

それを踏まえて自分から行動する人もいますが、全ての人が行動的にはなれません。

そのため、人を使うのがうまい会社や、育てられる会社、会社ではなく人材として使いやすい人など、様々な層が出来ていくのです。

マッチングがうまくいかないと不満がたまりやすくなり、それだけ仕事を辞めたいという気持ちが大きくなります。

また、自分の能力に見合わない給料や仕事を求めようとすることが不満の原因となる場合があります。

自分に自信がありすぎると、世の中の常識を超えた収入や権限などを求めてしまいがちだからです。

日系企業に外資系企業の給料水準を求めるのが難しいように、労働の実態や能力に合わせた待遇があることにも理解が必要です。

どの程度ギャップがあるかは転職エージェントなどに登録し、客観的な評価で初めてわかるケースもあります。

会社が辞めたくなる理由は人それぞれですが、中には自分の欲求に振り回されているだけのパターンもあります。

後悔をしない為にも、自分の考えと社会の評価にギャップがないのかチェックをした方が良いのです。

いつ辞めるの?会社を辞めるタイミング

会社を辞めたい

会社の辞めたくなった場合に考えたいのが、今後の生活がどうなるかです。

貯金があり、次の転職にも不安がないだけの要素が揃っていれば会社の雇用契約の範囲内で可能な限り早く辞めるということも選択肢に入ります。

具体的には余裕があれば1ヶ月から2ヶ月の期間をおいて辞めるのがわかりやすく、ボーナスが支給された後に退職届を出すなど節目で動くのが現実的です。

もちろん、ストレスが上回る場合は早めに辞めてしまって、新しいキャリアを出発させた方が良い場合もあります。

年末などの繁忙気前、春の新卒採用のシーズンに求人を強化する企業も多いため、転職をするなら狙い目です。

具体的には新卒で第二新卒としての採用を目指すことが可能な場合や、専門職で働き口に困らない場合が該当します。

逆に経済的に余裕がない場合や、年齢の関係で転職が難しい場合は事前の準備をしなければ生活が立ち行かなくなる可能性が高くなるのです。

転職先の確保や、失業給付を受け取るまで生活をつなぐ資金が十分にたまったら辞めるタイミングになります。

転職などが決まった際の会社の辞め時は、会社が忙しいタイミングを避けるなど特別な配慮は不要です。

一度退職して関わらない企業と関わらない人が多く、場合によってはライバル企業となることもある為です。

例外になるのが、独立して取引先の一つとして確保したい場合や、万が一転職先の企業が良い企業でなかった場合に出戻りを考える場合になります。

その後の生活や仕事への影響が少ないのであれば、それほど考慮しなくても問題無いのです。

引継ぎが多ければ転職が決まってすぐに退職願いを出し、1ヶ月で退職するなど切り替えていった方が不満が少なくなります。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

    • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
    • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
    • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
    • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
    好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

     

    あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

     

    やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

     

    「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

     

    雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

     

    他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事