仕事を辞めた後に襲われやすい不安

人は生活をしていくため、お金を稼がなくてはいけません。

そこで多くの人が色んな会社や企業で仕事をしており、相応のお金を得ることができています。

しかし心身ともに大きな疲労が発生しやすいので、勤めている会社や企業を辞めたいと感じることも多いです。

また給料や福利厚生など様々な問題により、どうしても退職したいと考えている人もいます。

そこで仕事を辞めている人もたくさんいて、メリットや不安が感じています。

もし仕事を辞めた場合、どのようなメリットや不安を感じやすいのかまとめてみました。

仕事を辞めるとどうなる?

仕事の不安

仕事を辞めることによって、良いことと後悔することが発生してきます。

何も考えないで仕事を辞めてしまうと後悔するだけではなく、不安を感じやすくなるので注意しなくてはいけません。

良いこと

良いことは仕事をしなくなるので、辛い疲労に悩まされないで済みます。

大変な仕事をしていた人は、それだけ心身に疲労が発生しやすいです。

そんな辛い疲労から開放されるので、精神的なストレスも解消しやすくなります。

特に劣悪な職場環境や人間関係に悩まされていた人は、一気に解消できるので大きなメリットです。

後悔すること

後悔することは、もし新しい職場が決まっていない場合、収入がなくなってしまうので気をつけないといけません。

生活する為には最低限のお金が必要で、貯蓄している状況でも徐々に貯蓄が少なくなります。

新しい職場を決めておけば、このような心配が発生しないのですが感情的になって、退職してしまった時はこの部分で後悔しやすいです。

また仕事や人間関係に満足していた場合、仕事や人間関係の部分で後悔しやすくなります。

新しい職場では、一から仕事を覚えないといけないですし、人間関係も最初から築くことが求められます。

とても大変な部分なので退職することにより、後悔する可能性があります。

仕事を辞めた後に襲われやすい不安

仕事の不安

仕事を辞めた後、残念ながら様々な不安に襲われる可能性を秘めています。

満足できる退職を実施するには、どのような不安が起こりやすいのかきちんと理解してから退職することが重要です。

お金に関する不安が発生する恐れ

仕事を辞めることによって、これまで定期的に獲得してきたお金がなくなります。

高額なお金を稼いでいた人は、一気に安定した収入が無くなるので不安になりやすいです。

転職先がすでに決まっている場合は、この不安は起こりにくいです。

しかし転職先を決めていない状況の中、退職をしてしまった場合は一時的に無収入状況になります。

そのため、お金の不安が発生しやすいので気をつけないといけません。

生活をちゃんと行えるのか不安

仕事をすることによって、毎日決まった時間に起きることができ、規則正しい生活を実施している人もたくさんいます。

しかし仕事を辞めることによって、自由に起きられるようになり、状況によっては急に生活が不規則になる恐れがあります。

不規則な生活を長い間行ってしまうと病気を発症しやすくなるので、注意しなくてはいけません。

また新しい仕事によっては引越をしなくてはいけなくて、新たな生活環境の中で暮らしていかないといけないです。

このときにちゃんと生活ができるのか不安を感じやすいので、何としても排除することが求められます。

仕事を辞めたことによる罪悪感

良好な人間関係を築いていた人は、仕事を辞めることによる罪悪感を感じやすいです。

仕事を辞めたことにより、前の会社の社員に対し、業務負担が発生します。

そこで前の会社の社員に負担が発生するので、そこで罪悪感を感じる場合があります。

特に人間関係を大切にしていた人は、不安を感じる部分になります。

転職活動を目的の期間内に終了させられるのか不安

転職先を決めていない状況で退職した場合、収入がなくなってしまうので新しい職場を見つけないといけないです。

そこで転職活動を実施していき、新しい職場を探すことがほとんどです。

この転職活動なのですがタイミングがとても重要になっていて、短期間で新しい職場を見つけられる人もいます。

しかしタイミングが悪いと中々理想の職場を見つけることができなかったり、応募しても残念な結果になりやすいです。

転職活動が長引いてしまい、多くのお金を失ってしまうきっかけにもなるので要注意です。

また初めて転職活動に挑戦する人は、満足できる転職活動を実施できるのか不安を感じやすいので気をつけないといけません。

そういった時の為に失業保険があるわけで、失業保険を受け取るか受け取らないかで生活に大きな影響が出る可能性もありますから、失業保険についてきちんと確認しておきましょう。

今後どうなるのか全く分からない

新しい職場が決まっていない人は、今後どのように生活及び仕事をしていくのか基本的に自由です。

そこでどうなるのか将来が全く分からなくて、不安を感じてしまう場合があります。

自分で色々と決めていかないといけないので、どの生活や仕事が正しいのか全く分かりません。

あまりにも先のことを考えすぎてしまうことで、少なからず不安を感じる人もいます。

仕事を辞めた後の不安を解消する為の方法

仕事の不安

仕事と辞めた後は、誰でも不安を感じてしまう可能性があります。

そこでいくつかの対処法があるので実施すれば、少しでも不安を感じなくなります。

対処法の中には、すぐにでも実施できる方法があるので、不安を感じている人は前向きに検討することが大切です。

たくさんのお金を蓄えることでお金の不安を解消

お金の対する不安を解消するには、退職する前にたくさんのお金を蓄えることが必要です。

一時的に仕事ができない期間が発生してもたくさんのお金を貯金しておけば、それを使うことができるので不安を感じにくいです。

新しい職場が決まっていない人もその間に仕事を見つければいいので、全然問題はありません。

お金がたくさんあることによって、状況によっては様々な不安を解消できます。

退職を決意している人は、できる限り多くのお金を貯金した状況の中で退職することが重要です。

仕事を辞めても同じように規則正しい生活を実施

生活に対する不安を発生させないため、仕事をしていた時と同じ生活習慣で生活すれば、不安を感じにくいです。

規則正しい生活を退職後も続けていけば、健康維持にも繋がる可能性が出てきます。

新しい地域で生活することになってもこの生活リズムを極力変えないように努力することで、不安を解消しやすくなります。

転職エージェントを利用することで効率よく転職活動を実行

退職した後に初めて転職にチャレンジする人は、どのように転職活動を実施すればいいのか分かりません。

そこで転職に対する不安を感じやすいので、注意しないといけないです。

一つの方法として、転職エージェントを利用することでコンサルタントの人が一生懸命サポートしてくれます。

非公開求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書や職務経歴書のチェックを実施してくれるので頼もしいです。

更に面接対策や給料交渉なども行ってくれるので、初めて転職活動を実施する人も満足できる転職活動を行いやすいです。

その他にも色々とサポートしてくれるので、転職に関する不安を解消することができます。

前の会社のことを決して考えない

前の会社が気になって不安を感じる人は、前の会社のことを考えないことが必要です。

残念ながら一度会社を辞めた以上、余程のことがない限り、前の会社に戻ることはないです。

前の会社を気にしても全然意味がないので、決して考えないことが重要です。

いきなりは難しいかもしれないですが少しずつ前の会社を考えなくなり、不安を打ち消せるようになります。

将来をあまり考えすぎないことが大切

退職した直後は人によって、今後どうなるのか分からない不安に襲われる可能性があります。

特に現実的な人は、将来のことを考えすぎてしまう傾向が強いので、注意しないといけません。

退職した直後にも関わらず、将来のことを考えすぎてしまうのは不安が大きくなる要因になりやすいです。

どのような仕事や生活を実施していきたいのか冷静に考えていき、明確な将来を思い浮かべることが必要です。

そしてある程度決めることができたらそれを実行できるように行動することで、明るい将来を築き上げることができます。

あまり考えすぎてもよくないので、あまりにも不安を感じる人は、思い切ってストレス解消することが大切です。

資格取得を目指してスキルアップを目指す

自分の能力に対して不安を感じている人は、資格取得を目指してスキルアップすることも大切なポイントです。

現在は様々な資格が存在しており、一生懸命勉強することで取得を目指せます。

優秀な人材として成長できれば、転職しやすいだけではなく、今後の仕事にも良い影響を与えられます。

また勉強に力を入れることで、有意義な時間を過ごすことができ、自己満足できる可能性も生まれてきます。

これも一つの不安解消方法になっており、退職後に様々な資格取得を目指している人も多いです。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事