退職を申し出るタイミング

会社員として企業などで働いていると様々なことが起こるため、途中で「今の会社を辞めたい…」と思うことは珍しいことではありません。

むしろ、仕事を途中で辞める人の方が今では昔よりも多く、終身雇用の時代は終わった社会では退職するケースは増えています。

そのため、退職代行などのアンダーグラウンドなサービスも現れていて、今ではよりスムーズに退職することが次なる仕事を早く見つけるためのポイントになります。

ただ、退職代行などはレアケースで実際に退職を上司や経営者に申し出るのは自分の口からになり、そのときのタイミングや理由が悩ましいところ。

そこでこちらでは、退職を申し出る時期やその際の気を付けるタイミング、退職に対する有効な理由などを紹介していきます。

退職を申し出る時期はいつ?

退職を申し出る時期はいつ

まず最初に「退職を申し出る時期」について、いつ頃がベストなのかを見ていきましょう。

法律上は2週間前に退職する意思を会社に申し出れば退職することは可能ですが、引継ぎ事項や給与計算の関係もあって2週間前に退職を申し出れば問題ないという訳ではありません。

そのため、最低でも1ヶ月前には退職を申し出ることがスムーズに退職するためには必要になって行きます。

最低でも1カ月前に申し出る!

退職を申し出る時期の最低ラインは、退職希望日の約「1ヶ月前」になります。

退職したいと思っている時には今すぐにでも会社の呪縛から逃れたいと思っていることも多く、申し出てからすぐに退職したいと思ってしまうかもしれませんが、最低でも1ヶ月前には申し出てから勤務する方がいいでしょう。

多くの企業はチームで利益を出しているので、一人の人間が辞めてしまうとその穴を埋まるまでの期間が必要となるため、急に退職してしまうと会社にとって迷惑を掛けながらの退職になってしまいます。

また、給与計算の都合において退職を申し出てもすぐには退職できないことが通常で、給与の締日を過ぎてからでないと退職することができない場合があるため、1ヶ月前には退職を申し出る必要があります。

3カ月前に申し出ればベスト!

理想的な退職の申し出る時期はおよそ3カ月前になります。

1ヶ月前に退職を申し出ることは会社としてもかなり急なことになる場合があるので、それよりも前の時期の3カ月前ぐらいに退職を申し出ると会社としても慌てることなく対処することができます。

特に、辞めてしまった人の穴を埋める人員補充の作業などが3カ月くらいは必要となるので、会社に迷惑をあまり掛かることがないようにするためにも3カ月前に申し出る方がいいでしょう。

退職を申し出てから3カ月も勤務することはやや辛い状況となってしまうかもしれませんが、急に辞めてしまって会社に迷惑を掛けてしまうと気持ちよく退職することができません。

退職を申し出る際に気を付けるべきタイミング

退職を申し出る時期はいつ

退職を申し出る時期は1~3カ月前が理想的となりますが、その際の申し出るタイミングにはいくつか気を付けるべきポイントがあります。

繁忙期などの事業が忙しい時期は避ける

退職を申し出る時期が会社の繁忙期の時期になってしまうと、退職の理由をまともに聞いてくれない可能性があります。

繁忙期では退職を申し出る直属の上司にゆとりが無い状態になっていることも多く、そのような時に「退職を考えています」などと退職を申し出てもまともに取り合ってくれない場合があります。

そのため、退職を申し出るタイミングは出来るだけ繁忙期の時期が終わった後の方がよく、申し出る上司も落ち着いて退職の理由を聞いてもらえます。

仕事の後の就業時間外に申し出る

実際に上司に退職する意思を切り出す場合には「お話があります」などと、一言膳立てしておくのが一般的です。

また、その際には仕事が終わった後の就業時間外にアポイントを取っておく方がよく、仕事中ではなかなかゆっくりと私情に関する話をすることができません。

退職する意思を申し出る場合にはその理由も合わせて話すことになりますが、ゆっくりと話せる状況でなければ上司に対して退職するに値する理由に受け止めてくれない可能性もあります。

そのようなことがないように、ゆっくりと腹を割って話せる始業時間外に上司に時間を作ってもらって退職する意思を切り出すのが話しやすくてオススメのタイミングです。

住宅の購入や子供の出産の時期などは避ける

退職する申し出るオススメのタイミングは「繁忙期や始業時間を避ける」ことになりますが、その他にも気を付けるタイミングの「時期」というものがあります。

それは、住宅の購入や子供の出産といったお金が必要な時期や人生の大きなポイントになるような時期になります。

住宅を購入する場合にはローンを組むことが一般的になりますが、退職してしまい転職活動に移ってしまうとローンを組むことが難しくなってしまいます。

また、子供の出産や結婚といったライフイベントの時期に退職を申し出てしまうと、何かと家族に迷惑を掛けてしまうので出来るだけその前に退職をするか、もう少し後になってから退職を申し出る方がいいでしょう。

キャリアアップができそうな時期は避ける

住宅の購入や子供の出産といったライフイベントの時期と同じく、キャリアアプリできそうな時期には退職を申し出るのは避ける方がいいでしょう。

資格や昇進などのキャリアアップはその後の転職活動の大きな武器にもなるので、少なくともキャリアアップが終わった後に退職を申し出る方が転職活動には有利に傾きます。

その他にも、あまりにも勤続年数が少ない場合には転職活動には不利になってしまうので、数カ月だけ勤務したあとすぐに退職を申し出るとうことは避けるようにして下さい。

退職を申し出る際に有効的な理由

退職を申し出る際に有効的な理由

続いて退職を申し出る際の有効的な理由を紹介していきます。

退職する理由は様々ありますが、主に「人間関係のトラブル」「福利厚生の不満」「休日や残業時間の不満」「仕事内容が合わない」などが挙げられます。

これらの理由で退職することが多いですが、その際には有効的な理由とそうでない理由に分けることができます。

退職の理由に有効的ではないものには、上記の人間関係のトラブルや様々な会社や仕事内容への不満などになります。

これらを退職の理由にしてしまうと、退職を申し出た後に会社に居づらくなってしまったりする可能性があります。

そのため、たとえ人間関係のトラブルや会社の不満などで退職することを決めても、本音と建前を上手く使いこなしていくことがスムーズに退職するためのポイントになります。

退職を申し出る際に有効的な理由としては、

  • 結婚や出産
  • 病気や介護
  • キャリアアップ
  • 家業の引継ぎ

などがあります。

結婚や出産などのライフイベントのため

結婚や出産で退職することは、会社としても仕方がない理由として受け取ってくれるので、とても有効的な理由となります。

ただし、結婚や出産をしないのにも関わらず嘘を言って退職することは後になってばれてしまう可能性もあるので、実際に結婚や出産をする場合に限られます。

特に、女性の場合には出産を期に退職する人も多いので、前もって妊娠したことを会社に申し出ておけば、会社側も出産での退職理由を十分理解してくれます。

自身の病気や親の介護のため

自身の病気や親の介護といったことも退職を申し出るには有効的な理由となります。

特に、うつ病などの病気を理由にすれば会社側としても退職することを受理しない訳にはいかないので、診断書と合わせて退職届を提出すればスムーズに退職することができます。

また、親の介護も退職の理由としては有効的になり、親の介護が必要な場合には退職する人も多く会社としても正当な理由として退職することを納得してもらえます。

自分のキャリアアップのため

退職の理由で最も有効的なものには、自分のキャリアアップのために会社を辞めることが無難でオススメです。

結婚や病気などの理由は退職に有効的ですが、嘘で固めてしまうと後々何らかのトラブルになってしまう場合があります。

しかし、自分のキャリアアップやスキルアップのための退職であれば特に証明書を必要としないので、退職のための有効的な理由にすることができます。

家業の引継ぎのため

親が何かの家業をしている場合には、何らかの理由で家業を子供が引継ぎをすることがあります。

その家業の引継ぐことも退職の有効的な理由になります。

結婚や病気と同じく嘘ではないのであれば、親の家業を引き継ぐのは会社としても退職することは、致し方無い理由になるので特に退職を申し出た後に居づらくなるということもなくスムーズに退職することができます。

退職の申し出はメールでも良い?

退職を申し出る際に有効的な理由

最後に、退職の申し出をメールで行っても良いのかどうかを確認しておきましょう。

基本的に退職の意思を伝える手段に法的な決まりはなく、口頭でも手紙でも退職の意思を表明できれば退職することができます。

そのため、メールで退職を申し出ても基本的には問題ありませんが、健全な社会人としてはメールで退職を申し出ることは行っていけません。

上司になかなか退職を申し出ることが難しくメールでアポイントを取るような使い方であれば問題ありませんが、「退職」という言葉をメールの本文に書くこともあまり好ましくありません。

まとめ

今回は退職の時期とタイミングを紹介していきましたが、会社を退職するケースは今では誰でも経験することが多くなっています。

そのため、退職を申し出る時期やタイミングを間違ってしまうと、退職するまで会社に行きづらくなってしまうので、出来るだけ早く適切なタイミングで退職することを直属の上司に直接切り出すことをオススメします。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

    • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
    • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
    • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
    • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
    好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

     

    あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

     

    やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

     

    「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

     

    雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

     

    他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事