退職の不安を無くすには

退職は大きな決断になることが多く、その決断に不安が付きまとう場合もあります。

しかし、不安に振り舞わされてもその後の人生に悪影響になるケースがでてきます。

転職のための家庭環境の変化のために退職をするかでも違いはでるものの、不安を引きずらないことも大切なのです。

ですから、本記事で紹介する不安、不安の取り除き方を参考に、ぜひとも不安のない退職を行ってほしいと思っています。

退職した後に不安が残る理由

退職に不安

収入面での不安

退職時の不安の中でも、かなり上位を占めている「収入面での不安」

転職に伴う退職であっても、転職先でうまくいくかどうかはわからないものです。

転職先でうまくいかずに、すぐ退職することにすれば収入が立たれてしまうのではないか?

また、転職を伴わない退職の場合は生活をどうしていくかを考える必要があります。

引越しや転職などの家庭の事情で退職する場合も、どのように収入を得るかが課題になることが多く、退職に不安を抱える人が多い理由にもなっています。

環境が変わることへの不安

退職後は生活環境が変わるのが一般的で、特に仕事に打ち込んでいた人ほど変化を不安に思うケースが増えます。

仕事が苦痛であった人の場合は開放感の方が勝りますが、仕事をすることに生きがいを感じているタイプや、やりがいを感じている場合はプラスの感情の発生先を失う可能性があるのです。

この場合は、新たな仕事先や家庭で生きがいなどを探せるのかが重要になり、うまく感情を出せる場所を見つけられないとストレスが溜まる可能性がでてきます。

人に認められることで自分の心の健康を保っている人がいるのもポイントで、仕事を辞める際に不安を感じやすい理由にもなっているのです。

残した仕事や部下への不安

責任感が強い人は、残した仕事や部下に対して申し訳なさを感じてしまう場合もあります。

自分が去った後の会社に対して不安を覚えることも存在するのです。

在籍期間が長かった会社を定年退職する人や、企業の立ち上げなどに関わった場合など、愛着が強い場合にも発生しやすい不安といえます。

安心して任せられる部下や同僚がいるかどうか、引継ぎがしっかりしているかどうかで不安の要素が大きく変わります。

病気などが原因でやむを得ず退職する場合は、更に顕著になる場合があるのも特徴です。

会社がブラックである場合はしっかりと辞められるかが不安に

会社がブラックな環境であると、何かしら文句をつけて退職を取り消されるのでは?という不安が生じます

企業がブラックではなくても労働基準法などの知識がなければ、引継ぎなどがうまくいかずに損失が発生し、自分に請求が行くのではと考えてしまう人もいます。

しかし、実際は退職するのは労働者の権利であり、一度決まった退職を覆すことはできないのが基本です。

企業が損害の賠償などを求めてきた場合は、労働基準監督署などに駆け込めば指導が入る可能性が高く、恐れすぎないのが重要になってきます。

会社を退職した後に後悔する人の特徴

退職を後悔

転職先の収入面が不安に

会社を退職した後に後悔する人の特徴は、その時その時の気分で判断をしがちなことです。

重大な判断も気分でしてしまうため、後々まで後悔するケースもあります。

会社で嫌なことがあったからすぐ退職するのでは、次の環境がより悪くなる可能性などもでてきます。

もちろん、会社側に問題がある場合は転職してより良い環境を求めるのも必要ですが、感情に任せて重大な決断をしてしまい、後悔する人も多いのです。

たとえば、退職後に転職しても収入が増えるとは限りません。

むしろ収入が落ち込むケースの方が珍しくなく、今まで会社で身につけたスキルが通用しない場合などもあります。

同じ業種の会社であってもやり方が根本的に異なる場合も多く、自分の経験をそのまま持ち込めるとは限らないのです。

実際に通用するかは事前のチェックが必要なことが多く、応募時や面接時に聞いておかないと後から苦労する結果になりかねないのです。

企業に問題があったのか、人間関係に問題があったのか分かっていない

企業に問題があるのか、上司に問題があるのかといった切り分けも必要です。

会社で働いていると、企業自体はホワイトでも上司の無茶振りなどでストレスをためてしまう場合があります。

上司の行動に疑問がある場合は、上司以外の相談窓口を頼るなど、自分の待遇改善のための工夫をした方が良い場合もあるのです。

転職しても同じことがあれば、また転職するのかという問題にあたりかねないため、社内での人付き合いや企業の仕組みを利用してストレスを減らすことも大切です。

切り分けがしっかりしていないと、転職後に前の方がマシだったという感覚に陥る可能性があります。

コミュニケーション能力はどんな会社に行っても必要になることが多いため、不安があるならいざという時の相談窓口が充実している企業へ転職を目指す方法もあります。

前の会社と比較してしまう

過去との比較が多い場合も注意が必要です。

新しい環境で仕事をしても、昔の良いところばかり見てしまうと退職や転職が失敗だったと感じる理由になります。

比較することで良いこともありますが、無駄に比較しても幸福度は下がります。

悪いところだけをみるのではなく、良いところを含めでどのような変化があったかバランスで考えることも大切です。

普段からネガティブな考え方をしがちな人は、退職を原因とした不幸と距離を置き、思考を切り替えることも大切になります。

退職した後に不安が残らない為の対処方法

転職

退職後の収入を確保する

お金に関する不安が大きい場合は、退職後の収入を確保することが大切になります。

仕事の仕方の幅が広がり、副業などでお金を稼ぐ人も珍しくなくなっています。

リモートワークで自宅で働く人や、会社で磨いたスキルで業務請負を行う個人事業主になるなど独自の働き方を見つける人もいます。

副業OKの企業も珍しくなくなりつつあるのもポイントで、働き方のバランスを変えることで収入アップに繋がることもあるのです。

もちろん、転職の計画をしっかり立てること、転職先を確保してから退職することも選択肢になります。

人手不足で困っている会社が多いのもポイントで、退職時期や入社時期についても相談に乗ってくれる企業も珍しくなくなっています。

すぐに働き、稼げる環境を作れれば不安になる時間もなくなる場合があるのです。

また、後述する「失業保険」や「社会保障制度」についても、きちんと理解しておくことも必須と言えます。

環境が変わることを楽しむのも方法

環境を変わることに不安を覚えるもいますが、ポジティブにとらえる人もいます。

需要なのは、ポジティブな思考は自分で癖付けしないと生まれないことです。

どれだけ良い条件が揃っていても、ネガティブな要素ばかり見ようとすると不安がふくらんでしまいます。

ネガティブな要素があったとしても、ポジティブな要素を探してバランスをとることが大切で、後悔を防ぐポイントになっているのです。

退職をするということは、退職せざるを得ない何かがあったということです。

そして、その事実を覆すことは難しいことが大半になります。

後悔をしても生産性のある思考は生まれてきません。

チャンスにつなげるために気持ちを切り替えて、環境が変わることを楽しむことが大切なのです。

具体的なメリットを洗い出して、感情ではなく理性で理解していく人もいます。

何ができるようになるかを考えて、可能性を生かすことを考えることも重要なのです。

徹底的にやれることをやってから退職する

会社に愛着がありすぎて不安が生じる場合、ブラック企業で退職ができるか不安な場合は、できることを徹底的にやってから退職するのも方法です。

部下や同僚に対する引継ぎをしっかり行い、必要な情報はわかりやすい形で残す、いざという時のマニュアルを作っておくなど工夫ができることは多いからです。

また、大まかな手順を伝えて実際にやってもらい、問題がでないかチェックしてもらう方法もあります。

同僚に仕事を任せる場合は、そこまで徹底できない場合もありますが、納得できるまでやっておくことで心の整理がつく場合もあります。

人が成長していくのもポイントで、完璧に作れない部分があることにも理解が必要です。

自分以外に分かっている人がいれば教えてくれる人はいます。

困ったときは誰に頼るように託を残すことも大切なのです。

ブラック企業などで退職に不安がある場合は、労働基準法を調べる、労働基準監督署を頼るといった方法があります。

退職代行サービスなど、退職のサポートをしてくれるサービスも登場しています。

自分のみを守る知恵をつけ、問題がないといえる状況を作れるだけで不安は少なくなります。

一人で不安が大きい場合は、専門家の力を借りるなど工夫をするのも方法なのです。

転職に伴う退職は次のステップも考えるのも方法

転職に伴う退職の場合は、次のステップを考えておくのも方法です。

実際に転職してみないとわからないことは多く、実際に水が合わないケースなどでてきます。

後悔しても戻ることができないのもポイントで、頭の中を切り替えて次何ができるか模索することも大切なのです。

年齢が若ければ再度の転職のハードルも低く、キャリア面でもそれほどマイナスにならない場合もあります。

結果を持ち帰ってより人生を豊かにするための経験にすることは大切で、新しい仕事探しに生かすのも方法なのです。

年齢を重ねた転職でも同様で、転職経験が少なければミスマッチもありえます。

後悔してしまったら、早めに切りかえて新しい環境に向かうのも方法なのです。

まとめ

退職の不安は経済面の不安や、環境が変わることへの不安が大半を占めます。

早めに収入を確保することや、変化を受け入れることが対策になることが多く、後悔を防ぐポイントにもなっています。

また、どんな環境でも不安を感じる人もいるため、不安が浮かんだらメリット、デメリットを考えて切り分けテイクのも方法です。

メリットに注目することで不安が薄れることもあるからです。

退職時にやり残したことがある場合は引継ぎの工夫などをする、他に頼れる人がいる場合は手を貸し手もらうなど一人で完璧にこなすのを諦めることがプラスになる場合もあります。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事