確実に退職できる理由
  • 転職したい。
  • 企業したい。
  • 留学したい。
  • 通勤ラッシュが嫌。
  • 同僚が嫌い。
  • 働きたくない。
  • 引きこもりたい。

理由は無くてもとにかく仕事を辞めたい!

正直に自分の気持ちをぶつけたり、適当に理由をつけたりしてサヨナラしてしまえばいいのですが、そこは立派な社会人として、今までお世話になった会社とももめたり角を立てたりせず、職場の方々とも清々しくお別れして円満退職で辞めたいですよね。

でも、辞められると人手不足で業務に支障が出たり、上司の評価が下がってしまったり、会社側としては損失となるので引き止められるかもしれません。

退職理由が曖昧で、そこにつけ込んでズルズルくどくど引き止められたりするのも面倒です。

そこで、確実に退職できるオススメ理由とポイントをお伝えしますね。

確実に退職できるおすすめ理由

確実に退職できるおすすめ理由

キャリアアップしたい

勤続何年で給料いくらアップ、定年まで給料やボーナスは上がり続け、退職金もたくさん貰える、そんな将来安泰な時代とは今は違います。

キャリアアップしながら、個人としての価値を高めていかなければなりません。

そんななかで、働き続けてもキャリアの形成が難しい、キャリアアップが見込めない職場に身を置き続けなければいけないなんて死活問題です。

心ある上司の方なら、引き止めにくいはずです。

前向きな理由ですので、上司も応援してくれるかもしれません。

また、今までの仕事内容と、これから先どんな仕事をしてキャリアアップにつなげていきたいか、明確なビジョンを考えることができれば、転職時の面接で聞かれる退職理由にも応用できますので、より深く掘り下げて考えてみると良いでしょう。

伝え方の例

お忙しい中申し訳ありません。突然ですが、退職させていただきたく、お時間をいただきました。

これまでお世話になったことは大変感謝しております。

しかし、将来について改めて考えたところ、もっと業務の幅を広げ、新たな環境で自分の能力を高めていきたいと思うようになりました。

今の仕事では、会社規模や組織体制からどうしても業務の一部分にしか触れられないため、より広範な業務に携われる仕事をしていきたいと考えております。

誠に身勝手ですが、◯月までに退職させていただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

違う業界、分野の仕事にチャレンジしたい

学生時代に希望していた業界には就職活動が上手くいかず、現在の業界で妥協して働いている方もおられるかと思います。

就職活動の時期によっては就職氷河期とかありましたし、なかなか卒業と同時に希望の業界に行ける人も少ないのではないかと思います。

学生時代には知らなかった分野を働いている間に知って、そちらへ転向したくなる事もありますよね。

職業はたくさんありますから、いろいろやってみたいと思っても、なんら不思議はないと思います。

今とは全く別のフィールドで自分の力を試してみたい、と言われたら、こちらも引き止めにくいはずです。

そんな無謀な事と思ったとしても、口に出す人は少ないでしょう。

こちらも①キャリアアップと同様に、転職時の面接でも使える退職理由ですね。

現在の仕事から得たものを全く違う業界で、どのように役立てることができるのか、じっくり考えてみると良いかもしれません。

伝え方の例

お忙しい中、お時間をつくっていただきありがとうございます。誠に勝手ではございますが◯月に退職させていただきたいと考えております。

未熟で至らないことが多かった私を一人前に育ててくれた会社には感謝しかありません。

今の仕事にも魅力は感じていますが、実は以前から〇〇の業界に興味を持っており、かねてよりチャレンジしてみしたいと考えておりました。

将来のことを考えると、興味のある新しい仕事に挑戦できる最後のチャンスになるかもしれないと思い、このたび退職を決断致しました。

誠に勝手ではございますが、ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

健康問題を優先したい

現在ブラック企業にお勤めで、過労で体を壊しかけている方は、この理由で間違いなしだと思います。

すぐに病院へ行って、診断書を書いてもらいましょう。

仕事をし過ぎて健康に害を及ぼすなんて、あってはならないことです!

そのまま無理して仕事を続けて、生命にかかわる状態になってしまっては一大事です。

自分の身体のことを一番に考えて、すぐにでも退職して下さい。

伝え方の例

仕事を続けたいと思い頑張ってきましたが、最近では体調がすぐれないことが多く、現在の業務は急に体調不良になったときに代わりをお願いできないため、このまま続けるのが難しいと考えています。

しばらく療養するため、大変申し訳ありませんが、○月末に退職させていただきたく存じます。

結婚したい

女性限定で使える理由です。

寿退社という言葉が存在するくらいですから、結婚を理由に辞める女性は多いですし、おめでたいことですので反対したり引き止めたりしにくいでしょう。

仕事を続けたくても、結婚する相手の希望が専業主婦なんです。と付け加えれば完璧です。

伝え方の例

私ごとですが◯月に結婚することなりました。

結婚しても仕事を続けられるか悩みましたが、 結婚に伴い家庭を優先したいという気持ちが強く、誠に勝手ではございますが◯月に退職させていただきたいと考えております。

家庭の都合

退職理由の王道として「家庭の事情で退職します」ということがあげられます。

「親の介護」「妻の看病」など、具体的なことで伝える人もいます。

ただし、よく使われる口実ですので、本当の理由では無いと疑われて、本当の理由を問われたり、嘘ではないか探りを入れられることも多いかもしれません。

家族の介護や育児など、仕事より家庭を優先したいと思う方は多いのではないでしょうか。

ワークライフバランスは大切ですし、働き方改革によって欧米人のように日本人も男女とも仕事より家庭優先の人が増えて欲しいものです。

上司も家庭のことに口は出しにくいでしょうし、強い意志があれば簡単には引き止められないと思います。

ただし、伴侶の転勤について行くや、家族の介護のために引っ越すなど、あからさまな嘘をつくと、もし万が一退職後にばったり職場の方に会ったりするととても気まずいので、あまりおすすめできません。

伝え方の例

家族が高齢となったため、介護に専念したく退職の意思を固めました。大変申し訳ありませんが、○月に退職をさせていただきたく存じます。

夫が転勤することになりまして、仕事を続けるか大変悩みましたが、転勤先に付いていくことを決断しました。

ご迷惑をおかけしますが、○月に退職をさせていただきたく存じます。

退職理由を伝える際の注意点

確実に退職できる理由

退職交渉の時期

退職するためのファーストステップとして、上司に退職を切り出す必要があります。

いきなり退職願をだすのはドラマや映画の中だけですので、まずは上司に口頭で切り出しましょう。

民法上は2週間で辞められる事となっていますが、一般的には1〜2ヶ月前が目安です。

引き継ぎや次の人員の確保のためにも、できるだけ早めに切り出した方が良いでしょう。

会社によっては就業規則で定められている場合もありますので、念のため就業規則を確認して、定められている場合は就業規則に従うようにしてください。

また、退職交渉の時期が会社の繁忙期にかぶってしまうのも良くないでしょう。

今は忙しいからちょっと待ってほしいと言って、退職時期を伸ばすように説得されてしまうかもしれません。

順番を守る

退職の意志が固まって、すぐに仲の良い同僚やお世話になっている先輩に話したくなる気持ちはわかります。

ですが、社会人としてこれはNGです。

同僚や先輩などから噂が広まって、上司の耳まで間接的に届いてしまっては、上司の方の面目が丸潰れです。

まずは真っ先に直属の上司へ伝えましょう。

その上司がどんなに頼りなくても、最初に相談という形で報告するのが社会人としての礼儀です。

間違ってもいきなり部長や社長に話してはいけません。

上司の管理能力が問われてしますし、部長や社長も困ってしまうでしょう。

また、どんなに上司がキライだとしても、メールで退職の意思を伝えてはいけません。

直接、上司に少しだけ時間を作ってもらい、どこか他の社員の耳に入らないような静かな空間、たとえば会議室などで話をするのがベストです。

会社に対するネガティブな理由は避ける

どうせ辞めてしまうのだから、言いたいことを言って辞めればいい、と思うかもしれませんが、これは賢明ではありません。

パワハラ、セクハラ、サービス残業、休日出勤、細かな不平、不満などいろいろあるでしょうが、正直に話したところで退職はスムーズには進みません。

例えば給料が安すぎるので辞めたいと伝えれば、昇給を提案されるかもしれません。

そうしたら、辞める理由が無くなってしまいます。

また、退職理由を伝えてからすぐに辞められるわけではなく、最低でも2週間はその職場で働き続けなければならないのです。

そのため、その退職理由がネガティブなものだと、もしかすると残りの期間に嫌がらせを受けたりするかもしれませんし、その理由が同僚に広まって職場がギスギスして働き辛くなるかもしれません。

まとめ

どうしても良い退職理由が思いつかなかったり、嘘をつくのが心苦しかったりするのでしたら、最初から最後まで「一身上の都合」で通しても、なんら問題はありません。

「一身上」とは、「自分の身の上に関する事柄(ことがら)」のこと。

「身の上の事柄」という意味の「身上」に、「一」が付くことで「自分の」という意味になるようです。

言い換えれば、個人的な事情や、家庭の事情というところです。

法律上では退職理由を詳細に伝える義務はありませんので、どんなに会社からしつこく理由を聞かれても、自己都合の退職の場合は言いたくなければ「一身上の都合」以上の回答はしなくても大丈夫です。

お仕事も大変ですが、退職するのも大変ですね。

あなたが有能な人材であればあるほど、引き止められたりして退職が大変になるかもしれません。

しかしその苦労を乗り越えたら、きっと明るい未来が待っていると信じて、がんばりましょう!

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

    • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
    • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
    • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
    • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
    好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

     

    あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

     

    やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

     

    「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

     

    雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

     

    他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事