『スキル不足だ...』

と感じてしまうのは自らのスキルを活かして活躍していくフリーランスなら、一度は思うでしょう。

しかし、結論から言えば『自分自身はスキル不足だ』と思ってしまうのは決して悪いことではなく、むしろ自分自身が成長できる良いタイミングです。

とはいえ、スキル不足から目を背け、うやむやにすると収入に直結するだけでなく、クライアントに満足してもらえる仕事を提供できなくなってしまいます。

独学でスキル不足を解消する方法もあれば、苦手だと思うのであれば外注にお願いするのも立派な手段ですが、本記事では私自身の体験談も踏まえながら、スキル不足の解消方法も紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね。

フリーランスがスキル不足だと感じる時ってこんなとき

フリーランスのスキル不足

フリーランスとして仕事をしていくとスキル不足として感じてしまう場合がありますね。

主に三つの場面でスキル不足を感じやすいので、フリーランスとして仕事を行っている人は注意しないといけません。

安定して仕事を確保することができない

フリーランスとして仕事をしているにも関わらず、安定して仕事を確保することができない場合、スキル不足を感じやすいです。

専門的な能力に長けているだけではなく、経験豊富なフリーランスは、一つの仕事が終了してもすぐに新しい仕事を行えることがほとんどです。

ですから経験豊富なフリーランスであれば安定した収入も確保しやすいので、スキル不足を感じにくいです。

しかし一つの仕事を実施してその後が続かない時、残念ながらスキル不足が影響を及ぼしている可能性があります。

そこでスキル不足を感じやすく、スキル不足を改善しないと何時まで経っても状況が良くならないので、注意しなくてはいけません。

仕事をしているのに多くのお金を稼げない

優秀なフリーランスは、仕事をすることによってたくさんのお金を稼げます。

一つの仕事に対する単価が高いので、ちょっとした仕事でも相応のお金を稼ぐことが可能です。

しかしスキル不足が発生しているフリーランスは、スキル不足が影響してしまい、単価が低くなりやすいです。

一生懸命仕事をしても満足できるお金を得ることができないので、スキル不足を感じやすくなっています。

一つの仕事を完了するのに時間がかかってしまう

一つの仕事を完了するのに時間がかかってしまう時、フリーランスがスキル不足を感じやすい部分の一つです。

他のフリーランスでは一定期間で終了できる仕事でもスキル不足のフリーランスは、それ以上の期間が必要です。

状況によってはかなり長い期間仕事をしなくてはならず、心身ともに大きな疲労が発生するケースもあります。

すなわち、1つの仕事に時間がかかってしまうとそれほど、時間対費用が低くなり、多くのお金を稼ぐことが困難になります。

収入が減ってしまうという悪循環も発生してしまうので、フリーランスとして仕事をするには短期間で、質の高い仕事を実施することが求められてきます。

フリーランスに必要なスキル

フリーランスのスキル不足

フリーランスとして活躍するには、様々なスキルが必要になってきます。

少しでもスキルが不足している場合、仕事を確保できないだけではなく、収入にも影響を及ぼします。

優秀なフリーランスは、これらのスキルが高い水準に達しており、優秀な人材としてアピールできます。

また作業効率も良いので、たくさんのお金を獲得しやすいです。

とはいっても最低限必要なスキルというのもフリーランスにはあるので、詳しく見ていきましょう。

自分にとって魅力的な仕事が何か決断するスキル

フリーランスによって、どのようなスキルに長けているのか異なっています。

苦手分野の仕事に挑戦するよりも得意分野の仕事に挑戦すれば、自分の能力を発揮しやすいので、たくさんのお金を稼ぎやすいです。

まさに、フリーランスにとって得意分野を生かして、商売に繋げていくというのはとても重要です。

しかし、現在ではフリーランス向けの仕事が多数存在しているので、状況によっては比較的簡単に仕事を行うことが可能です。

その中でも自分にとって魅力的な仕事が何か決断するスキルが大切です。

現状の自分にとって最高の仕事を選択できれば、お金を得られるだけではなく、充実した時間を過ごしやすくなります。

そして貴重な経験を積んでいくことができるので、仕事をしっかりと見極める決断力も養われてきます。

色んな人とコミュニケーションを取れる会話力

一人で地道に仕事をするイメージが強いフリーランスですが、仲間との繋がりが大切になってくるフリーランスの場合、多くの人とコミュニケーションを取っていくこともあります。

例えば、仕事を提供してくれたクライアントと打ち合わせをする時もあれば、同じ業種の人と情報交換をすることもあるでしょう。

クライアントと打ち合わせをする時には、きちんとした情報共有を行った上で仕事に取り掛からなければ、クライアントが満足する成果に結びつけることも難しくなります。

しかし、打ち合わせをする際に、きちんと意見を交わせるだけの会話力を発揮すれば、様々な人と気軽にコミュニケーションを取ることが可能です。

仕事をスムーズに行えるだけではなく、仕事を提供してくれたクライアントと良い関係を築けるので、現状の仕事が終了してもその後に仕事を紹介してくれる可能性が高くなります。

フリーランスにとって円滑に物事を進めていく為に、コミュニケーション能力は大切なスキルですので、併せて下記の記事もご覧くださいね。

仕事をする為に必要な専門的な能力

デザイナーやWebライターの他にエンジニアなどフリーランスとして仕事をするには、専門的な能力を身に付けないといけません。

専門的な能力が不足していると仕事を円滑に行えないだけではなく、満足できる仕事に携わるのが難しくなるので注意です。

専門的な能力が高いフリーランスは、質の高い仕事を実施しやすいです。

結果的に仕事を提供してくれたクライアントから評価されて、再び仕事を依頼してくるチャンスが増えます。

専門的なスキルを身に着けておけば難しい仕事にも怯えることなく、挑戦できるようになるので専門的な能力を身につけることが必須といえるでしょう。

またWeb系で活躍したい人の中には、Webの職業訓練校に行こうかどうか迷っている人もいますが、コミュニティサロンに入っても十分に専門的なスキルは見つけることができます。

様々な仕事に挑戦する積極性も大切なスキルの一つ

フリーランスとして活躍していく為には、仕事に対する積極性も大切なスキルです。

なぜなら仕事に携わる以上、クライアントが満足できる結果を出さなくてはいけないからです。

積極性が高いと様々な仕事に携われる可能性が高まり、日々充実した時間を過ごしやすくなります。

たとえ仕事の単価が安かったとしても、自分自身の能力がきちんと提供できなければ、元も子もありませんので、まずは積極性をアピールすることも大切です。

消極的なフリーランスは、仕事に対するモチベーションが低下したり、仕事を確保するのが厳しくなるので気を付けないないといけません。

どんな時でも最高の力を発揮できる自己管理能力

フリーランスは有給休暇はないですし、誰かに守ってもらえることはありません。

自ら道を切り開いていかないといけないので、実は大変な部分もあります。

体調不良や病気などが発生した時、仕事を行えなくなるのでその間は収入が一切無くなります。

そこでフリーランスに必要なスキルとして、何時でも最高の力を発揮できる自己管理能力が必要です。

怪我や病気に強いだけではなく、体調をしっかりと整えられるフリーランスは、様々な日付や時間帯で働けるので活躍しやすいです。

もっとフリーランスに必要なスキルを知りたい人は以下の記事をご覧くださいね。

フリーランスがスキル不足を解消する為の方法

フリーランスのスキル不足

もしフリーランスがスキル不足を感じた時は、そのままにするのではなくてスキル不足を解消することが求められてきます。

いきなり実施するのは難しいので、自分のペースで少しずつ対策していき、スキル不足の状況を緩和することがポイントです。

専門的な能力を身につけるために勉強が必要

フリーランスは自分自身の強みとなる専門的な能力を身に付けないと長期的に活躍することが難しいです。

デザイナーとして仕事をしているフリーランスは、デザイン力を高めなくてはいけません。

エンジニアとして活躍しているフリーランスは、開発やネットワーク関連の能力を高めることが必要です。

これらの専門的な能力を身につけるには、一生懸命勉強することが求められてきます。

関連しているセミナーや講習に参加したり、独学で関連している教材で熟読することが必要です

いきなり専門的な能力を身に付けられる訳ではありませんが継続的に勉強していけば、専門的な能力を高められるので少しずつスキル不足を解消可能です。

また勉強することで関連している資格を取得でき、優秀なフリーランスとして証明できるので良い影響を与えやすいです。

現在活躍しているフリーランスを真似すること

フリーランスとして活躍していく為には、独学は当然大切になってきます。

しかし、基礎ができてない時から高いスキルを見つけようと思っても、正直身に付きません。

私自身もそうでしたが、はじめの基礎知識はすでに活躍しているフリーランスから教わるのがベストです。

もちろん独学でスキルを身に着けることもできますが、時間がかかってしまいますし、目標がブレてしまいがちです。

この記事を書いている私も『大人の楽屋』というオンラインサロンに入会し、すでに活躍している講師陣から基礎知識を教わり、1年以上フリーランスとして活躍できています。

オフラインでの関わりも多くありますので、『ここをこうした方が良い』などと具体的なアドバイスも頂けます。

スキル不足と感じている人はオンラインサロンに入会してみるのも良いですね。

7日間の無料体験実施中の『大人の楽屋』の詳細はこちら

怯えないで色んな仕事に挑戦する大切さ

正直あれこれと考えて、取り組まずに『これはできないなそう』『これは難しいそう』などと、都合の良い理由を付けて、やったことのないことに対して初めから諦めるのはフリーランスにとって致命的です。

スキル不足と感じている時はなおさらです。

ですから、自分自身の強みを見出せてないと感じるなら、仕事に対して怯えず『まずはやってみる』という姿勢でスキルを身に着けていく勇気も必要です。

『これは自分自身に向いていないな』と思うのであれば、その分野に特化した人に外注を出すのがおすすめです。

例えば私自身、検索エンジンからのペルソナを考えて記事構成をするのは得意ですが、プログラミングは苦手です。

これは自分自身がプログラミングに挑戦し、結果的に自分自身で取り組むよりかも、プログラミングスキルに特化した人に外注をした方が、満足する結果につながると判断できたからです。

挑戦したことで、なぜそのプログラミングスキルに特化した人が優秀であるのかや、時間がかかる理由、外注依頼する際の金額を理解できるようになっています。

ですので、スキル不足と感じるのであれば、まずはやってみて、どうしてもできないと思うのであれば、その分野に精通した人に外注を出すのもスキル不足を補うことに繋がります。

フリーランスがスキル不足を解消した後プラスになっていくこと

フリーランスのスキル不足

フリーランスがスキル不足を解消した後は、高いスキルをクライアントに提供できるようになりますので、高単価の仕事や長期的な契約に結び付きやすくなります。

高いスキルを提供できるようになれば、自分自身の強みに繋がりますし、自らの環境が円滑に回りやすくなってきます。

そして、プライベートも充実させやすくなるのも特徴的です。

もちろん、スキル不足を解消するには時間がかかることもあるでしょう。

しかし、フリーランスとして活躍していく為には、スキル不足を解消していく為の努力も必要になってきます。

スキル不足がどうしても補えない時には、外注にお願いできるのも立派なスキルですので、自分自身にあったスキル不足の解消を身に着け、取り組んでいきましょう。

今すぐにスキル不足を解消したいなら

フリーランスとして活躍していく為のスキル不足を感じている場合、独学でスキルを補っていくのも大切ですが、第三者からアドバイスをもらってスキル不足を解消していくのもおすすめです。

ですから、実績のある講師や成功者から直接スキルを教わり、直接相談などをしてスキル不足を補っていくことも大切です。

当サイト大人の楽屋では、フリーランス最強集団を作るべく、フリーランスに特化したオンラインサロン「大人の楽屋」を展開しています。

これからフリーランスになりたい!あるいは、フリーランスとして活躍している人ばかりが在籍していますので、横の繋がりを作りやすいのも特徴です。

  • 仕事を得る為のSNSの発信方法
  • ブログの活用法
  • 自分の強みの発見の仕方
  • ビジネスモデルの作り方

など、様々なコンテンツを用意し、あなたがフリーランスとして長期的に活躍していきたい!という気持ちも後押ししています。

詳しくは下記のページで紹介していますが、スキル不足を補ってフリーランスとして長期的に活躍していきたい!という人は一度見て下さいね。

フリーランス最速ステップ!【7日間の無料メール講座】

  • フリーランスになって自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。 あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか? やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 過去1000人以上アドバイスをしてきたビジネスの本質をメール講座に叩き込みました。 他では手に入らないビジネスの本質を受け取ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事