良質なコンテンツにするための仕上げ作業、チェックと校正ポイント9つ

よし、やっと文章構成も記事内容も完璧でしっかりと書き終えた!ちょっと待ってください。そのコンテンツは本当に完成ですか?

良質なコンテンツを生み出すためには、コンテンツをチェックし校正することは欠かせない作業。

その書き終えた達成感はちょっと早いです。最後の仕上げが良質なコンテンツにするかどうかの別れ道。チェックと校正を忘れずに行いましょう。

なぜチェックと校正が大事なのか

コンテンツを最後まで書き終わったら完成というわけではありません。仕上げにチェックと校正をする必要があります。この作業をしないと思わぬ失敗を見過ごしたまま公開することになってしまいます。

これは、1回チェックしたからといってOKというわけではありません。何度も見返して編集する必要があります。1記事1記事を大事に提供していきましょう。

さて、コンテンツを校正する際にチェックするポイントは下記になります。

①書き出しは「この先を読み進めたい」と思えるようになっているか。

凄く良いコンテンツを提供していても読まれなければ宝の持ち腐れです。先を読みたくなるような書き出しにすることによって質のいいコンテンツにすることができます。

①問題提起、②解決策の提示・証拠を示すことで読者の興味を集め共感を促し読み進めさせることができます。『最強!売れるコピーライティングに必要な10の要素』を確認してみよう。

②音読してみて違和感はないか

人は文章を読むときに言葉を音に変えて認識します。実際に音読することによって、読みにくい部分や、意味が分からない部分を見つけることができる。

③自分でも読みたいと思えるものになっているか

良いコンテンツというのは自分が読みたくなるような状態になっているかどうか。自分が読みたくないモノは他の誰も読みたいと思わない。確信がなければ、まだまだ改善の余地はあるはず。

④セールスの要素が混じっていないか

あなたはサイト内の記事の役割を理解していますか?自分の商品やサービスを売りたい気持ちは分かります。しかし読者はあなたの商品・サービスや、そもそもあなた自身にも興味がないということを覚えておきましょう。

まずやるべきことは、読者との信頼関係の構築です。良質なコンテンツを提供し続けることで自然と興味を持ってくれるようになります。

⑤自分のエゴになっていないか

上記のセールスの話と同じなのですが、そもそも読者はあなたの事に興味がありません。自分のエゴになっているコンテンツは読まれないのです。フォーカスすべきは、ユーザーであり読者であり悩みを抱えている人です。

⑥読者の本当の悩みを解決し願望を叶えているコンテンツか

コンテンツを量産していると、本当に解決したい問題からずれてしまう時があります。一度立ち止まって考えましょう。読者の”本当”の悩みを解決し願望を叶えているコンテンツなのか。

⑦誤字脱字はないか

誤字脱字があると、記事の内容にのめり込んでいる読者が、我に返り、思考が別のところに移ってしまいます。それは凄く損をしている状態です。読みやすいコンテンツにするためにも誤字脱字を無くしましょう。

⑧他のサイトのコンテンツより良いものになっているか

上位検索される際に、あなたと同じテーマで書かれたコンテンツで他の方が良質であれば、将来的に他のサイトの方が上位検索されるようになります。なので他のサイトよりも圧倒的に良質なコンテンツを創りましょう。

⑨読者はこの記事を読んで行動できるか

良質なコンテンツを作る条件として”読者が行動できる”ものです。読者の悩みを解決し願望を叶えれるレベルで、コンテンツを読むことで実践し分かりやすく行動できるように丁寧に書く事です。

まとめ

コンテンツが100%完成するということはありません。読者にとって何が必要で、どういうのが大事なのか見極め、良質なコンテンツを作成していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です