オカケン
どうも!オカケンです。

今回は、フリーランスの人が簡単に仕事を探せる高収入サイトを紹介します。

紹介するサイトは主に次の3つに分けています。

  • エンジニア系・WEBデザイン系に特化した求人サイト4選
  • 記事執筆特化方のクラウドソーシング求人サイト4選
  • 自分のスキルや得意を活かせるサイト4選

紹介するサイトは、もちろん登録無料です。

インターネットを使用しているあなたであれば、きっと参考になるサイトが見つかりますので、最後まで読んで下さいね。

それでは、次の目次(Contents)に沿って紹介していきますね。

Contents

エンジニア系・WEBデザイン系に特化した求人サイト

特殊スキルの必要なエンジニア系・WEBデザイン系は希少性の高い職種である為、各求人サイトの案件は高額なものばかりです。

次の4つの求人サイトを特徴と共に紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • レバテッククリエイター
  • ギーブズジョブ
  • Midworks

では、早速1つ1つを詳しく見ていきましょう。

1.エンジニア専門サイト:レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア専門求人サイトです。

レバテックフリーランス2

写真の職種からも分かる通り、次の項目から仕事を探す事が出来ます。

  • 言語から探す(Java・Rudiなど)
  • インフラで探す(Linux・WindowsServerなど)
  • 職種から探す(エンジニアなど)
  • 業界から探す(官公庁・銀行など)
  • エリアから探す(関東・関西・九州など)

以上の5種類の項目から仕事を探す事が出来ます。

官公庁もレバテックフリーランスで求人を募っているのは、驚きですね。

故に、今後日本で、エンジニアが必要であることを象徴するサイトですね。

1つ1つの案件が高額

エンジニアは専門スキルが必要の為、1つ1つの仕事案件がとても高額です。
レバテックフリーランス サイト

上記の写真は、現在(2018年8月31日)掲載されている1172件ある仕事案件の中で、最も高額な案件です。

月100万円を超える仕事案件が多いですが、月50万円を超える仕事案件も数多くあります。

まさに、エンジニア専用の求人サイトですね。

2.デザイン・コーティングが得意なら:レバテッククリエイター

レバテッククリエイター サイト

前述した、レバテックフリーランスのサイト同様、株式会社レバテックが運営するレバテッククリエイターです。

レバテッククリエイターの特徴は次の3つがあります。

  • 実績のあるコーディネーター陣による案件の紹介
  • 現場の生の声を踏まえた制度の高い情報を聞ける
  • 穴場的な求人が多数ある

以上の特徴は、レバテッククリエイターが、年間3000回以上のミーティングから調べ尽くした実績があるからこその強みです。

普通の求人サイトよりも仕事案件が高額

レバテッククリエイター サイト 2

エンジニア専門サイトである、レバテックフリーランスに比べると、仕事案件の料金の値段は劣るものの、それでも月50万円以上を稼げる仕事案件は多数あります。

そして、サイトで募集している主な職種は次の通りです。

【ゲーム系】

  • ゲームディレクター
  • ゲームプランナー
  • 3Dプランナー
  • ゲームUIデザイナー
  • ゲームマークアップ
  • キャラクターデザイナー

【WEB系】

  • フロントエンジニア
  • WEBディレクター
  • WEBデザイナー
  • コーダー

など。主に、デザインスキルが必要です。

しかし、あなたが【illustrator】など普段使用している場合には、そのスキルを十分に発揮できる仕事案件が見つかりますので、このサイトは要チェックですね。

3.エンジニア系・デザイン系まとめて探せるサイト:geechs job(ギーグズジョブ)

ギーブズジョブ フリーランス サイト

エンジニア系・デザイン系の求人をまとめたサイトが、ギーグズジョブです。

ギーグズジョブには、次のような特徴があります。

  • 個別説明会があり自分の要望にあった案件を探せる
  • 大手IT企業も求人を募っている
  • アフターサポートが徹底している

など、多数の特徴があります。

要するに、多くの人が抱えている営業活動を代行してくれるのが大きな特徴です。

ギーブズジョブ フリーランス サイト4

そして、ギーグズジョブでは以下の項目から仕事案件を探す事が出来ます。

  • 言語から探す(Java・Rudiなど)
  • ポジションから探す(写真記載)
  • 業界から探す(エンタメ・金融など)
  • エリアから探す(関東・関西・愛知県・福岡県など)
  • 最寄り駅から探す(渋谷駅・秋葉原駅など多数)

以上の5か所から、あなたにあった仕事案件を探す事が出来ます。

1つ1つの案件が高額である

ギーブズジョブ フリーランス サイト3

ギーグズジョブのサイトに掲載してある、仕事案件によっては、月100万円以上の仕事案件も豊富にあります。

そして、2018年8月31日現在では、仕事案件の数は、1462件もあります。

要するに、フリーランスの人の為の求人サイトですね。

4.正社員並みの保証が付いたフリーランス求人サイトなら:Midworks

フリーランス 正社員 サイト

正社員だけど、仕事場所を選ばないフリーランスな働き方を探したいならMidworksのサイトがおすすめです。

Midworksには、次のような特徴があります。

  • 会社員同様の保証制度がある
  • 3000件超の求人・案件がある
  • 企業との交渉・契約までの営業をフルサポートしてくれる
  • スキルに見合った収入を手にする事が出来る

など。Midworksのサイトには特徴があります。

注目なのは、会社員同様の保証制度がある点です。

ミッドワークス フリーランス サイト

フリーランスの場合、年金や保険などの将来的な保証がありません。

しかし、Midworksでは、多くのフリーランスの人が悩みとして抱えている、年金・賃金・支払継続・保険の面を会社員同様に受ける事が出来ます。

要するに、フリーランスの人が独立するかどうか、悩む要素を解決してくれます。

気になる仕事案件の料金は?

フリーランス 正社員 サイト2

上記の写真の案件は一例でありますが、仕事案件の相場は、40万円~あり、高額な仕事案件ですと100万円を超えます。

要するに、保証がしっかりとしていて、安心してフリーランス人生を歩みたいのであれば、Midworksのサイトはおすすめですね。

記事執筆特化型のクラウドソーシングサイト4選

先ほどの4つは、主にエンジニア・WEBデザインなど、特殊スキルが必要な求人サイトでありました。

しかし、これから紹介する4つ求人サイトは、記事執筆スキルさえあれば誰でも仕事が出来る求人サイトです。

  • Shinobiライティング
  • サグーワークス
  • クラウドワークス
  • ランサーズ

以上の4つは、記事ライターに特におすすめする求人サイトです。

では早速、1つ1つ見ていきましょう。

1.記事ライター専門サイト:Shinobiライティング

Shinobiライティングサイト

Shinobiライティングは、記事ライターの為の求人サイトです。

Shinobiライティングの主な特徴は次の通りです。

  • 書きたい記事あるいは得意な記事を作成できる
  • 書けば書くほど収入が増加する
  • ランキング形式で順位が分かる

などの特徴があります。

HP制作などで、サイトを作った事がある人であればご存知かと思いますが、サイトを作る為には、記事は必ず必要です。

その為、Shinobiライティングの記事発注案件は非常に多く、常に15000記事近い記事の仕事案件があります。

要するに、フリーランスの人で記事を1回でも書いた事がある人には、常に仕事がある状態と言えますね。

Shinobiライティング サイト

仕事の探し方も独特で、書きたい記事あるいは、得意な記事を探す為の、キーワードから探す事も出来ます。

ここまでされると、「書きたい記事が無い!」なんて、言えない状態ですね。

気になる記事の執筆代金は?

sinobiライティング サイト

1文字単価にすると、平均で1文字0.5円~0.8円位が相場です。

しかし、案件毎の文字数は少なく、書けば書くほど収入は増加しますから、やりがいのある求人サイトですね。

2.高単価の仕事が豊富なサイト:サグーワークス

サグーワークス サイト

記事作成に自信があって、高単価の仕事案件を探しているならサグーワークスがおすすめです。

サグーワークスには、次の主な特徴があります。

  • 記事作成とアンケート回答などの仕事案件がある
  • フリーランスのみならず、誰でも稼ぐ事が出来る
  • 頑張り次第では、月収が50万円を超える

などの特徴があります。

サグーワークス サイト 高単価

そして、サグーワークスでは、初心者向けと、上級者向けに分かれています。

初心者でも、頑張れば上級者になる事が出来る為、やりがいを与えてくれる求人サイトですね。

プラチナライターになれば、高収入を狙える

サグーワークス サイト1

上記の写真は、2018年8月のランキングです。

サグーワークスでは、1ポイント1円計算で行われ、プラチナライターになれば、1文字1円以上の仕事案件をもらう事が可能です。

そして、2018年8月の最高報酬額は、なんと70万円を超えています。

要するに、質の高い記事を書く事が出来れば、月収50万円を超える事が可能です。

プラチナライターになるには、サグーワークスが独自に定めるテストに合格する必要があります。

しかし、高単価を目指してサグーワークスを利用するフリーランスの人は、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

3.日本最大級のクラウドソーシングサイトで探すなら:クラウドワークス

クラウドワークス サイト

フリーランスの人に限らず、ご存知の人も多いのがクラウドワークスです。

クラウドワークスには次の主な特徴があります。

  • 記事作成のみならず、職種のジャンルが幅広い
  • クライアントとのトラブルを防ぐ事が出来る
  • 仕事依頼数が豊富

などの特徴があります。

記事作成が苦手なフリーランスの人でも、利用しやすいのがクラウドワークスの特徴です。

要するに、記事作成以外にも、商品撮影や動画制作など、チャレンジしてみたい仕事が選べる点が良いですね。

クラウドワークス サイト2

上記の写真は、クラウドワークスの仕事を探す際の画面です。

記事作成以外にも、必要なスキルのジャンル毎に、仕事案件を探す事が出来ます。

クラウドワークスの単価は案件毎に違う

クラウドワークス サイト 3

クラウドワークスの記事作成の仕事案件の1文字単価は0.1円~5.0円まで豊富にあります。

しかし、高単価の仕事案件は募集が多く、いかに自分のスキルをクライアントにアピール出来るかが、決めてになってきます。

それでも、初心者歓迎の仕事案件や、文章作成のマニュアルを渡してくれるクライアントが多い為、仕事がなくて困った時は利用しやすいサイトですね。

4.使いやすくて単価の高いサイトなら:ランサーズ

ランサーズ サイト

クラウドワークス同様に、日本最大級のクラウドソーシングのサイトであるランサーズです。

オカケン
日本最大級って一体何なの?と思われてる人もいると思いますが、それはここでは置いておきましょう。

ランサーズのサイトには次の主な特徴があります。

  • サイトが見やすい
  • 高単価が多い
  • 仕事が探しやすい

などの特徴があります。

サイトが見やすいのは、仕事を探す際のストレスが減る為、フリーランスの人にとっても助かるサービスですね。

ランサーズ サイト 2

ランサーズでは、記事作成以外にも、上記の写真の様に、様々な仕事を探すことが出来ます。

つまり、自分のスキルに合わせて、仕事を探す事ができます。

ランサーズは高単価の仕事案件が多い

ランサーズ サイト 3

ランサーズでは、プロジェクト方式で仕事案件を出しているクライアントが多いです。

記事作成の単価も1文字単価1円以上の仕事案件が多く、頑張り次第では、月収50万円以上を稼ぐ事が出来ます。

クラウドワークス同様に、高単価の仕事案件には募集が多いですし、自分の強みをアピールする事が出来れば、高収入も実現出来ます。

自分のスキルや得意を活かせるサイト

フリーランスの人にとって、仕事案件を取って仕事をするのももちろん大切です。

しかし、自分の好きな事を仕事に出来るサイトをお探しではありませんか?

次の4つのサイトは、仕事案件をこなすのではなく、自分の強みを生かす事が出来るサイトです。

  • ココナラ
  • MENTA
  • タイムチケット
  • ストアカ

それぞれに特徴がありますので、早速見ていきましょう。

1.自分のスキルを商品に出来るサイト:ココナラ

ココナラ サイト

ココナラは、自分のスキルや得意な事を販売出来るサイトです。

ココナラの特徴は、下記⇩のココナラ公式動画を見た方が分かりやすいので、まずはご覧ください。(動画の長さ:52秒)

ココナラ公式動画は見て頂けましたか?

ココナラ公式動画からも分かる通り、あなたの得意な事であれば、なんでも販売する事が出来ます。

商品は500円から販売する事が出来ますし、オプションも販売する事が出来ます。

もちろん、販売する為のノウハウは必要ですが、需要と供給があれば、収入を得る事が出来ます。

2.自らが先生になって、月契約で生徒に教れるサイト:MENTA

MENTA サイト

MENTAとは、自らが先生になり、生徒に教える事が出来るサイトです。

こちらもまずは、下記⇩のMENTA公式動画をご覧ください。(動画時間:16秒)

YouTube: 正しい URL を指定してください。

簡単に言えば、MENTAとは、自分の教室をサイトに開く事が出来るサイトです。

多くのサイトが単発の仕事が多い為、月契約で販売出来るMENTAは、フリーランスの人にとって安定収入を得る事の出来る第一歩ですね。

3.自らが主催する教室やワークショップに生徒を集めれるサイト:ストアカ

ストアカ サイト

ストアカとは、インターネット上で生徒を募集出来るサイトです。

こちらもまずは、下記⇩のタイムチケット公式動画をご覧ください。(動画の長さ:1分11秒)

要するに、ストアカとは、インターネット上で生徒を募集し、あなたのスキルや得意な事で開いている教室や講座に募集出来るサイトです。

フリーランスの人で、教室や講座を開く人は多くいる為、自由に掲載出来るストアカのサイトは、フリーランスの人にとっても助かりますね。

4.自分の時間を自由に活用できるサイト:タイムチケット

タイムチケット サイト

自分の時間を商品に出来るサイトが、タイムチケットです。

こちらも、下記⇩の公式動画をまずはご覧下さい。(動画の長さ:1分34秒)

公式動画は見て頂けましたか?

タイムチケットの最大の特徴は、値段設定も自分で行う事が出来る点です。

アルバイトですと、時給が決まっており、高くても時給1500円位です。

しかし、タイムチケットは販売する自分の強みに需要と供給があり、尚且つ、実績が募れば、時給10000円として販売する事も可能です。

フリーランスの人にはぜひ活用して頂きたいサイトですね。

フリーランスの人が仕事を探す時に活用できるサイトまとめ

フリーランスの人が仕事を探す時に活用できるサイトを、12個紹介しましたが、自分に合ったサイトは見つかりましたか?

自由な働き方が出来るフリーランスの人には、ぜひとも自由な働き方を継続して頂きたいと私は思っています。

しかし、闇雲に仕事を探していても収入は上がりません。

紹介したサイトそれぞれに、仕事案件をもらう為のノウハウはある程度必要になります。

もし、このサイトの事が知りたい!と思われた人は、一度お問い合わせ下さい。

フリーランスであり続ける為にも、一緒に頑張っていきましょう。

【フリーランスに関する関連記事】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事