日本語教師

グローバル化が進み海外から沢山の人が日本に訪れている中、徐々に需要を増していく企業や国際交流機関での日本語教師の仕事はやはり必要になってきますね。

日本語教師であれば、英語が話せると尚良いですが、日本語は海外から人気の部類に入る為、最も大切なことはコミュニケーション能力でしょう。

本記事ではフリーランスになるには何が必要か、仕事内容や必要なスキル、フリーランスの日本語教師になる際に気を付けた方が良いことなど具体的に記載して説明しますからぜひフリーランスとして活躍していきたい人は参考にして下さいね。

フリーランスの日本語教師の平均収入

平均年齢 25歳~35歳
平均月収 20万〜30万
平均年収 240万〜360万
1案件平均単価 一コマ2000円〜4000円

フリーランスの日本語教師の平均収入は他の専門職に比べるとやや低い傾向にあります。

とはいえ、日本語を外国人に教えることで繋がりができ、口コミなどで人気が広がれば安定的な収入は掴みやすいともいえるでしょう。

フリーランスの日本語教師の仕事内容

フリーランスの日本語教師の主な仕事は、海外からの生徒や外国人労働者に日本語を教えることです。

1コマ単位や企業によって様々な働き方が設けられており、日本語を円滑に習得してもらうために、日本語学習の課題の提供やレッスンを行います。

人それぞれ日本語を学ぶ理由が違うこともあるので、読み書きをメインに指導するのか、それともスピーキングに力をいれるのかを把握した上で指導する必要があります。

一般的な教育の仕事内容に似ていますが、相手が日本語を学んでいる立場ということを意識しながら、状況によってはいろんな角度からの説明が要求されます。

企業での外国人労働者に日本語教育をする際は、職場によって専門知識を日本語教師も勉強する必要があるので、教えている時間、授業以外での時間にも予襲復讐などの仕事はたくさんあります。

フリーランスの日本語教師になる為に必要なスキル

フリーランスの日本語教師になるために必要なスキルは日本語をわかりやすく教える技術、受講者との円滑なコミュニケーションスキル、受講者の成長を計画するマネージメントスキルです。

日本語教師として日本語を習得していることは勿論、日本語をわかりやすく丁寧に指導しないと外国人受講者には上手く伝わりません。

言語の中でも比較的難しい部類に入る日本語はとても難しいということを把握しておく必要があります。

受講者と積極的にコミュニケーションを取ることも非常に重要です。

生徒がどのような目的を持って日本語を勉強しているのかを知ることで指導も的確に行えます。

指導して行く過程で受講者の成長、日本語を習得した姿を想像することも必要なスキルです。

具体的な目標や目的を意識することで日本語習得に大きく繋がります。

それ以外にもフリーランスの日本語教師が習得しておくと良いスキルは外国語とタイムマネージメント能力です。

海外からの受講者がほとんどの日本語教師の仕事で、状況によっては外国語を話せることが重要になる場合があります。

外国語を勉強したことのある日本語教師だと学ぶ立場の気持ちもわかるので一石二鳥です。

フリーランスでお仕事をするにおいてタイムマネージメントは非常に重要です。

一コマ単位で日本語を教えていると、空き時間や暇な時間ができます。

勿論その時間でダブルワークも可能ですし、新しく学びの時間にもすることができます。

フリーランスという点を有効活用できると良いです。

フリーランスの日本語教師になる為に取得しておきたい資格

フリーランスの日本語教師になる為に取得しておきたい資格、必要な資格は三つあります。

日本語教師育成講座の受講420時間

日本語教師育成講座の受講420時間は日本語の知識と日本語の教え方を両方学ぶことができる講座です。

日本語教師の様々な企業や仕事の募集要項に記載されていることが多いです。

特徴
  • 誰でも受講可能
  • 日本語の知識と教え方を学べる
  • 日本語教育能力検定試験についても学べる
  • 受講料が約30万円以上かかる
  • 420時間なのでそれなりの期間に通う必要がある
  • カリキュラムに教育実習などの実践がある
  • 実際の外国人生徒に日本語教える実習がある

このような特徴があり、日本語教師になるための道のりは長いです。

時間が掛かるだけではなく、費用も比較的高額ですが、実習を通して日本語教師に必要なスキルを、この講座を通して十分に身に付けることができます。

日本語教育能力検定試験

JEES 日本語教育能力検定試験ホーム

出典:JEES

日本語教育能力検定試験は日本語を教えるに当たって、専門的な知識のみを、身についているか測る試験です。

専門的な知識の確認する検定試験であり、日本語教師としての教え方を確認する検定ではありません。

特徴
  • 誰でも受講可能
  • 合格率は低く、2割程度
  • 幅広い内容の試験
  • 受験準備を念入りにする必要がある
  • 教え方については学べない
  • 費用は日本語教師育成講座よりも安い
  • 就職サポートは無い

このような特徴があり、知識面で成長できることは多いですが、実践や教え方を学ぶ面ではあまり成長を期待できません。費用が比較的安く、日本語教師になるための知識を身につける為には良いです。

試験内容は幅広い内容をカバーしておく必要があるので、準備期間や勉強期間としては約1年ほどを考えておくと良いです。

大学日本語教育過程修了

大学や大学院にて日本語教育を専攻して修了する必要がある資格です。

大学や大学院など教育期間にて日本語教師になりたい場合に重要になってくる資格です。フリーランスで日本語教師を大学などの1コマで考えている方には確実に必要です。

特徴
  • 大学や大学に入学する必要がある
  • 期間が長い
  • 専門的な知識を学ぶことができる
  • 費用が高い
  • 実習は420時間日本語教師育成講座と比べると少ない

大学や大学院に通うことになるので期間と費用は他の資格と比べて長く高くかかります。大学は4年、大学院は2年の通学が必要で費用は大学が約300万から、大学院が150万円からと高い設定です。

通常の学生と同じなので、働きながら通うことは難しく、大学や大学院などの教育機関での仕事を考えていない方には必要の無い資格です。

フリーランスの日本語教師が働く仕事場所

フリーランスの日本語教師が主に働いている場所は企業や国際交流期間、もしくは個人間での契約がほとんどです。

日本語学校や大学で働くことも可能ですが大学日本語教育過程を修了している必要があることが多い為、比較的少ないです。

フリーランスの強みを生かして、企業が日本語教育を行って欲しいタイミングで授業を行う契約をする場合が多いことから、一般企業から国際交流期間まで幅広い需要があります。

契約によっては自由な時間ができることが多いので、フリーランスの強みを活かして別の職場との掛け持ちでダブルワークをしている日本語教師の方も多いです。

日本語教師がフリーランスとして働く時に気を付けること

フリーランスで日本語教師が気をつけることはタイムマネージメントと受講者、契約者との交流です。

時間にとらわれることなく、自由に働くことができるフリーランスですが、企業や契約先からの時間の指定は確実に守る必要があります。

そして受講者、企業、国際交流期間との積極的なコミュニケーションを取ることが重要になります。

フリーランスとして働く者として、口コミや人脈も少なからずとも重要で、日本語教師として毎日会うわけではなくても繋がりを気にかける必要があります。

フリーランスとして活躍していきたいなら

近年、徐々に需要が増してきているフリーランスの日本語教師。

日本語教師になる為には必要なスキル、資格、技術などがたくさんあります。

これらを身につけることで色んな国の人と関わり、教育にも携わることができます。

大変そうですが、様々な困難を乗り越えて自由な時間を手に入れ、フリーランスの日本語教師を頑張って目指しましょう。

当サイト大人の楽屋では、そういったフリーランスとして活躍していく為に必要な、情報発信の仕方や仕事をもらう為の方法などが学べる環境になっています。

人の役に立ちたいと思っているあなたあなただからこそ自分の力でフリーランスとして独立してほしい。

これから日本語教師として活躍していきたいのであれば、ぜひ大人の楽屋がどんなところか見てみてください。

雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

  • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

 

あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

 

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

 

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

 

雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

 

他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事