フリーランスとして活躍している人も一人の人間です。

何時どのような病気もしくは怪我をするのか残念ながら分からない状況です。

もしも怪我や病気を発症してしまった場合、フリーランスの場合は仕事を行えなくなるので収入が激減してしまいます。

そのような状況をできる限り回避するため、人間ドックや健康診断を定期的に受診し、自分の体が健康に保たれているのか知ることが重要です。

とはいえ、フリーランスが健康診断を受診しても経費になることはない為、なるべく格安で診断したい人は在住している市町村の一般健康診断を受診した方が良いでしょう。

本記事では、フリーランスが健康診断もしくは人間ドックに通った方が良い具体的な理由や、違いについて紹介しますのでぜひ参考にして下さいね。

フリーランスが健康診断に通った方が良い理由

フリーランスの健康診断

フリーランスが健康診断に通った方が良い理由として主に二つ発生しています。

現在活躍している多くのフリーランスは、この二つの理由によって健康診断を積極的に受けている状況です。

そして深刻な状況をできる限り発生させないように注意しているのが実態です。

健康状態を把握するために実施

見た目が健康そうなフリーランスでも実は、体の内部で大きな問題が発生している可能性があります。

会社勤務の場合、定期的に健康診断が行われているので、体に問題が発生しているのか見極められます。

しかしフリーランスは会社に在籍している訳でも、健康診断が義務化されている訳でもありません。

人によっては何年間も健康診断を受けていない場合もあります。

そこでフリーランスは、健康状態を維持できているのか把握するために健康診断を受けています。

健康を維持できていれば、これまで通りの仕事や生活を実施していけば全然問題はありません。

また健康状態が保たれていることで、体のことで余計な不安をしないで済みます。

精神的な不安を少しでも緩和することができ、高いパフォーマンスを発揮しながら仕事を行えるので、フリーランスは健康診断に通った方が良いでしょう。

収入激減という状況を事前に回避

フリーランスは、残念ながら傷病手当金や有給休暇などが定められている訳ではありません。

長期間休まなくてはいけない場合、その間は仕事を行うことができないので収入が激減します。

そのため、多くのフリーランスが健康状態に気をつけながら仕事を行っているのが現状です。

健康診断を行えば、現在深刻な病気もしくは怪我の恐れがあるのかある程度判断することができます。

もしも体にちょっとした問題が発生している場合、治療もしくは予防に専念することで、体の状態をなんとかキープしながら仕事を行うことが可能です。

また深刻な病気は、いきなり発症するのではなく何かしらの数値異常や体の異変が発生するので、健康診断を受ければ深刻な病気の発症確率が高いのか見極められます。

自分の体を守るだけではなく、収入激減の状況も事前に回避できるのでフリーランスにとって健康診断は重要です。

フリーランスが健康診断に通っても経費にはなりません

フリーランスの健康診断

会社勤務の方は、会社が健康診断の費用を負担してくれるので支払う費用が少ないもしくは無料で健康診断を受けることができます。

しかしフリーランスは、会社に在籍している訳ではないので、会社が負担してくれる訳ではありません。

たくさんのフリーランスが健康診断を受けているのですが実際にどのような対処をしているのか説明していきます。

残念ながら経費に含まれないフリーランスの健康診断

フリーランスの健康診断費用は、医療費控除の対象外になっているので残念ながら経費に含めることができません。

個人事業主が健康診断、または人間ドックを受けた場合、費用を経費にできるのでしょうか?

残念ながら答はノーで、健康診断の費用は経費にすることはできません。

考え方としては、健康診断の受診は義務ではなく、事業主自身の健康確認のために受診するものであり、疾病の治療を行うものではないため、医療費控除の対象外となっています。

ただし、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、診断に引き続き疾病の治療を行った場合、治療に先立って行われる診察をみなされるため、健康診断の費用は医療費控除の対象となります。

このケースでは医療費控除の対象にはなりますが、疾病が発見されると仕事に影響する可能性がありますし、治療に費用がかかるので、健康であるのが一番です。

参照:No.1122 医療費控除の対象となる医療費

多くのフリーランスが自らお金を支払っており、健康な状態を保てているのか判断しています。

フリーランスとして働いているからといって、国や地域から健康診断で支払う費用が少なくなるということもありません。

他の方と同様に健康診断を受けるには、相応のお金が必要になってくるので、健康診断を希望しているフリーランスはしっかりとお金を準備することが必要です。

医療施設で支払う費用に異なりが発生

医療施設の多くでは、健康診断を実施しており、気軽に受けられるように環境が整えられています。

ただし健康診断を実施している医療施設によって、どのくらいの費用に定められているのか異なっています。

少しでも健康診断に支払う費用を節約したいと考えているフリーランスは、お得な費用に設定されている医療施設を選択するのがポイントです。

例えば、かかりつけ医をもつことも有効な医療費節約になるでしょう。

「かかりつけ医」とは、日常的な診療や健康管理など行ってくれる身近なお医者さんや医療機関のことをいいます。「病院にかかるなら大病院の方が安心だ」と、思われる人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。

引用:全国健康保険協会「かかりつけ医」をもとう!

健康診断で支払わなくてはいけない費用がかなり違っているので、安易に選択してはいけません。

お金を節約しながら目的の健康診断を受けるには、どのくらいのお金が必要なのか把握してから医療施設を選択することが求められてきます。

健康診断と人間ドックの違い

健康診断と人間ドックを同じと考えている方も多いのが実態です。

しかし実際には異なっておりそれぞれ特徴があります。

現在活躍しているフリーランスは、健康診断と人間ドックの違いを理解した上で、健康状態を保てているのか診断してもらいましょう。

人間ドックの方が精密な検査を行っている状況

健康診断は、身体測定の他に血液検査や心電図などの診断を実施していき、体に問題が発生していないか見極めてくれます。

会社の場合、従業員に対して1年に1回以上の健康診断を実施するのが義務化されています。

人間ドックはガン検査や内視鏡などを使用して健康診断以上に精密な検査を行っており、体に問題が発生していないのか判断してくれます。

その代わりに義務化されている訳ではなく、人間ドックを希望している人は、人間ドックを実施している医療施設に自ら予約や申込をしなくてはいけません。

健康保険が適用されるので健康診断はリーズナブルな費用

人間ドックと健康診断の主な違いとして、健康診断は健康保険に適用されているのですが人間ドックは健康保険適用外になります。

健康保険は比較的リーズナブルな費用で受けられるのに対し、人間ドックは最低でも数万単位のお金を準備しなくてはいけません。

【人間ドック】

検査内容健康状態を総合的にチェックし、生活習慣病やがんをはじめとした各種疾患リスクの早期発見につなげることが目的であるため、全般的な幅広い検査を実施。

検査費用30,000~40,000円ほど

引用:人間ドックなび

健康診断を行っている医療施設によっては、数千円単位のお金で健康診断を受けられる場合もあります。

しかし人間ドックの場合、平均で数万程度になっており、高い場合は十万を超えるケースも多いです。

このように保険適用の部分において、違いが発生しているので健康診断と人間ドックは違っています。

フリーランスがお得に健康診断を受けるには

フリーランスの健康診断

健康診断の費用を自ら支払わなくてはいけないフリーランスにとって、少しでも費用を節約したいと考えることも多いです。

そこでフリーランスがお得に健康診断を受ける方法が存在しています。

健康診断に支払うお金を少しでも節約したいフリーランスにとって心強い健康診断なので、高い人気を誇っています。

自治体の一般健康診断を活用

在住している市区町村では、住民の健康を少しでも守ることができるように一般健康診断を実施しています。

一般健康診断とは

「一般健康診断」は職種に関係なく実施する健康診断で、すべての企業が対象になります。

雇い入れ時の健診や、1年以内ごとに1回実施する定期健診のほか、海外に6カ月以上派遣する労働者を対象とした健診や、給食従業員の検便なども含まれます。

引用:サンポナビ

格安費用もしくは無料で健康診断を受けられる地域も存在しており、フリーランスの方も気軽に利用することが可能です。

ただし医療施設で実施されている一般的な健康診断と比べてもそこまで診断内容が充実している訳ではありません。

また自治体によって、どのくらいのお金が必要になるのか異なるので、希望しているフリーランスは事前に支払う費用を把握することが重要です。

格安の健康診断を実施している医療施設の選択

一円でも少ないお金で健康診断を受けたいフリーランスは、健康診断の費用が格安に設定されている医療施設を選ぶのがコツです。

同じ診断内容でも支払う費用に大きな違いが発生していることも多いです。

そして体に大きな問題が起きていないか見極めてもらえるので、フリーランスにとって重要な診断になっています。

また健康保険が適用されるので、そこまで高額な費用を請求されることは一般的にありません。

それでも支払う費用に違いが発生しているので、近くに複数の医療施設がある場合は、慎重に医療施設の健康診断を判別することが必要です。

まとめ

フリーランスが最高のパフォーマンスを発揮するには、健康診断もしくは人間ドックを利用することが求められてきます。

そして体に問題ないことを確認してから仕事をすることで、最高のパフォーマンスを発揮しやすくなります。

フリーランスの健康診断費用は自費になるのですが自治体の一般健康診断や格安の健康診断を選択することで、支払うお金を減らしながら目的の健康診断を受けられます。

ですか現在フリーランスであり健康診断もしくは人間ドックの診断を受けたい人はきちんと調べてから受信をするようにしましょう。

雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

  • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

 

あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

 

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

 

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

 

雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

 

他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事