マーケティング市場での集客方法は様々あり、ネットがなかった時代にはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、広告などが主流な集客方法でした。

ただ、それらのオフラインでの集客方法ではコストが掛かってしまいます。

また、新聞や雑誌での集客方法では世代のターゲットユーザーも狭い範囲になってしまいます。

そのため、今ではオンラインでのWeb集客が当たり前になってきており、集客効果もオフラインよりも期待できる側面があります。

そこでこちらでは、独立や起業したばかりの経営者にオススメの、Web集客の方法やそのメリット・デメリットを紹介していきます。

Web集客を積極的に行えば、市場でのターゲットユーザーもこちらから指定しやすく、テレビやラジオでの集客方法よりもコストを抑えることができます。

そしてあなたのビジネスが安定し、最高のライフスタイルを送ることができるでしょう。

Web集客の方法

Web集客

インターネットを使ったWeb集客の方法と言っても様々あります。

主にはホームページを作成して集客する方法があり、多くの企業が自社ホームページを作成しています。

企業が自社ホームページを作る目的にはより多くの人に知ってもらうことを目的としており、集客目的の手段のひとつでもあります。

他にも「ブログ作成」「SNS発信」「リスティング広告」「YouTubeなどの動画サイト」「メルマガ」といったものがあります。

HPを作成して集客する

独立や起業したばかりの経営者は、まず自社のことを市場やユーザーに知ってもらう必要があります。

会社として個人として信頼を得れるようにサービスのことなどが掲載されているページは必要です。

そのためにも自社のホームページを作成して、自社を認識してもらい集客することが重要です。

ホームページを作成すれば、そこからブログやSNS、動画情報なども掲載することができます。

ブログを更新して検索エンジンから集客する

個人事業主でもできる集客方法にはブログ作成というものがあり、日々のブログを更新していくことで検索上位を狙い集客に繋げることができます。

検索エンジンでのブログの上位表示を目指すためには、定期的にブログを更新することで上位表示を狙うことができます。

そのため、個人事業主ならば個人ブログでもいいので、作成して更新をして行くことで店舗への間接的な集客を狙うことができます。

検索エンジン最適化(SEO対策)を行うことで検索で自分のブログをヒットさせて見込み客を集めることができます。

SNSから集客する

自社のSNSを発信することでも集客効果に繋ぐことができます。

定番のSNSでは「Twitter」「Facebook」「Instagram」などがあり、自社の商品やサービスをそれらのSNSで発信することで、多くのユーザーにリーチすることができます。

とくに若い女性などはInstagramなどを日常的に活用している傾向にあるので、自社の商品やサービスによってSNSのプラットフォームを使い分けていくと効率的な集客を期待できます。

ファンを獲得して自分のサービスに結び付けていきましょう。

リスティング広告を打って集客する

検索ページに表示されるリスティング広告を打って集客効果する方法もあります。

GoogleではGoogleアドワーズに料金を支払うことで、関連性の高い検索キーワードのときにGoogle検索ページに広告表示させることができます。

リスティング広告を活用すれば集客したいターゲットユーザーを指定できるため、費用対効果の高い集客方法のひとつと言えます。

こちらは費用が多少かかってしまいますので、リスティング広告をするのであれば、SEO対策を勉強することをオススメします。

YouTubeから集客する

動画サイトなどを使って自社をアピールすることができ、集客効果にも繋げることができます。

動画サイトのなかでも最もホットなものにはYouTubeになり、特に若い世代への集客効果を期待できます。

人気のユーチューバーとコラボすれば、即効性の高い集客をでき企業のブランディングにもなっていきます。

また、YouTubeでは簡単に広告表示させることもできるので、自社の商品やサービスを広告表示させることも集客効果に繋がります。

メルマガ集客

定番のWeb集客にはメルマガ(メールマガジン)集客があります。

ただ、メルマガ集客するには自社のホームページを作成したり、SNSアカウントを作る必要があります。

または、YouTubeなどの動画コンテンツでメルマガ購読させる必要もあります。

メルマガもユーザーにとって有益な情報を発信できる記事が紐づいていれば解約されにくいので、まずはどのようなコンテンツを紐づけさせるのかを企画するかがポイントになります。

近年では、メルマガの代わりにLINE@を活用されることが多くなりました。

LINE@もメルマガと同様でまずはそちらに登録を増やすためのブログやSNSなどの受け皿が必要となります。

LINE@やメルマガを有効活用するといつでも売上を上げることができる状態になります。

Web集客をするメリット

Web集客

ではWeb集客をするメリット・デメリットを見ていきましょう。

インターネットを使ったWeb集客をするメリットでは「コストが掛からない」「ターゲットユーザーを指定できる」「個人事業主でも簡単にできる」といったものが挙げることができます。

コストと労力が掛からない

すべてのWeb集客がコストと労力が掛からない訳ではありませんが、オフラインでの集客方法に比べればコストと労力を抑えることができます。

ブログやSNSなどは簡単に始めることができ、初期費用などもネット環境やPCが揃っていれば掛かりません。

また、スマホだけでもInstagramなどでは集客することもできるので、個人事業主でも集客しやすいメリットがあります。

オフラインでの新聞、雑誌などで集客するとなると様々なコストと労力が掛かってしまいますが、Web集客ならばそれらのデメリットを抑えることができます。

ターゲットユーザーを指定できる

リスティング広告やSEO対策やYouTubeでの集客方法は、自社の商品やサービスをターゲットユーザーを指定して集客をすることができます。

検索キーワードに関連性が高いものがリスティング広告には表示されやすいので、検索ユーザーを意識した集客を期待できます。

YouTubeの場合でも、世代やジャンルごとに指定して広告やコラボ動画をアップすることで、ターゲットユーザーの集客を期待できます。

個人事業主でも簡単にできる

Web集客での最大のメリットは、独立や起業したてのオーナーであっても簡単にコンテンツを作れることです。

先ほどInstagramなども良い例ですが、スマホ1台あれば集客コンテンツを作ることができます。

またTwitterやFacebookなどのWeb集客も個人事業主であっても簡単にコンテンツ作成することができます。

オフラインでの集客方法になるとチラシや雑誌などに掲載する方法がありますが、コストと労力が必要とされてしまい、本業の時間を削らなければなりません。

しかし、Web集客ならばコストと労力が掛からないので、本業にも専念しやすくなります。

Web集客する際の懸念点

Web集客

一方、Web集客の懸念点やデメリットでは「ネットやWebの知識が必要となる」「Web集客によってはコストが掛かるものがある」「定期的なコンテンツや企画を作る必要がある」といったものがあります。

ネットやWebの知識が必要となる

オフラインでの集客方法に頼ってきた人にとっては、インターネットを使ったWeb集客をいきなり行うということはハードルがとても高く感じます。

普段からネットに慣れ親しんでいる人にとっては比較的にハードルは高くはありませんが、そうでない人にとってはどこから手を付けていいのかも分からないため大きなデメリットになります。

ですがそれは最初だけで慣れれば問題ありません。

Web集客によってはコストが掛かるものがある

ホームページを作成やリスティング広告などでは、少なくともコストが掛かってしまいます。

また、そのときのコストは数十万円ほど掛かる場合もあり、作りこんだホームページ作成を依頼してしまうと、かなりのコストが必要とされます。

そのため、独立や起業したてのオーナーによってコストの掛け方は様々ありますが、Web集客の方法によってはオフラインでの集客よりもコストが掛かる場合があります。

定期的なコンテンツや企画を作る必要がある

ブログやメルマガでのWeb集客をする場合には、定期的なコンテンツや企画を作る必要があります。

そのため、本業の時間を削る必要が出てくるケースもあり懸念点になってしまいます。

Web集客の方法に困ったら

Web集客

Web集客といっても懸念点やデメリットがいくつかあります。

主には本業の時間を削られてしまうことや、ネットやWeb集客の知識が無いことです。

その対策としては「Web担当の雇用」「コンサルタントへの依頼」「セミナーでの勉強」といった対策があります。

Web担当を雇用しよう

独立や起業したオーナー自身は本業に時間を費やすことを求められるので、Web集客をする場合にはWeb担当を雇用する対策があります。

そのときに直接雇用するとなると人件費が掛かってしまうので、アウトソーシングでのWeb担当を作ることをお勧めします。

ブログやメルマガのコンテンツ作りもアウトソーシングによって外注すればWeb担当を雇ったことと同じような効果を得ることができます。

コンサルタントに依頼しよう

Web集客専門のコンサルタントに依頼する方法もオススメで、ホームページを作成の手助けやアドバイスをしてくれます。

また、自社のブランディングイメージに会ったWeb集客も見出してもくれます。

コストはやや掛かりますが、集客が伸び悩んでしまったときには客観的な意見を取り入れることも重要です。

セミナーやコミュニティで勉強しよう

こちらが最もオススメです。

雇用したり、コンサルタントへ依頼するのもいいかもしれませんが、費用がかかります。

そして他力本願になるのではなく、自分自身がWEB集客スキルを身に着けて実践する方が将来的にも良いです。

インターネットの知識やWeb集客の知識が乏しい人には、定期的に行われている勉強会などに参加することをお勧めします。

今ではネットでのライブセミナーも行われていることも多いです。

短期集中でしっかりとWEB集客ができるようになりたい方は、オンラインサロンなどのコミュニティに所属して勉強することを推奨します。

まとめ

Web集客の方法やメリット・デメリットを紹介していきましたが、独立や起業したてのオーナーにはオススメの集客手段になります。

コストも掛からずにターゲットユーザーを指定することができるので、その費用対効果はオフラインでの集客手段とは大きく異なります。

特に若い世代をターゲットにしている方にとっては、Web集客の方法が今では当たり前になっています。

そのため、独立や起業したてのオーナーであれば、Web集客は避けては通ることはできないコンテンツになってきています。

敷居が高いと思われがちですが、誰でも習得することができますので実践してみましょう。

長い目で見るとWEB集客はビジネスを潤わせますので身につけることをオススメします。

フリーランス最速ステップ!【7日間の無料メール講座】

  • フリーランスになって自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。 あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか? やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 過去1000人以上アドバイスをしてきたビジネスの本質をメール講座に叩き込みました。 他では手に入らないビジネスの本質を受け取ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事