自由に働くことができるのがフリーランスの魅力になっています。

そこでフリーランスによっては、自宅で仕事をするのではなく、気分転換も兼ねてカフェで仕事をしている人も少しずつ増えています。

ただカフェで仕事をする際、お金の問題が気になるというフリーランスも多いです。

もしフリーランスがカフェで仕事をした時、発生した費用はどうなるのか紹介していきます。

またカフェで仕事をした時に発生するメリットなども解説していきます。

フリーランスがカフェで仕事!その食事代経費になるの?

フリーランスのカフェ代

昔と比べてフリーランスとして働く人が増えていて、その中にはたくさんのお金を稼げているフリーランスもいます。

そこで一つの働き方として、自宅や所定の場所ではなく、カフェで仕事をしているフリーランスもいます。

カフェは様々な飲み物を飲むことができるだけではなく、軽食も実施することが可能です。

その他にも静かな環境が整えられているので、フリーランスとして働きやすい環境が整えられています。

そんなカフェで仕事をした時、食事代が経費になるのかという問題が発生します。

コーヒーや紅茶などリーズナブルな金額に設定されている飲み物に関しては、経費として認められるケースがほとんどです。

しかしスパゲティーやハンバーグなどのがっつりとした食事に関しては、多くの税務署で経費として認められない恐れがあります。

どうしても食事代を経費として認めてもらいたい場合は、コーヒーもしくは紅茶などの飲み物だけ経費として申告することが重要です。

またカフェの利用頻度によって、認められるケースと認められない場合もあるので、その点にも注意しなくてはいけません。

フリーランスがカフェで仕事した場合何が経費になるの?

フリーランスのカフェ

経費になる可能性が高いのは、リーズナブルな金額の飲み物です。

コーヒーもしくは紅茶など様々な飲み物がカフェにはあり、その時の気分に合わせて色んな飲み物を注文することができます。

基本的に飲み物は、カフェの中でもお手頃な金額に定められているので、そこまで多くのお金を支払う必要はないです。

その点も配慮した上で、税務署の職員が配慮していき、経費として認められる可能性が高いです。

ただカフェは飲み物だけではなく、軽食も行えることがほとんどです。

カレーやラーメンなども食べられるカフェも存在しており、がっつりとした食事を実施することが可能です。

食べ物に関しては、残念ながら経費として認められるケースが少ないのが実態。

飲み物と違い、相応のお金が必要になってきますし、カフェに対して食事をしにきている印象が強くなります。

仕事でカフェを利用している印象がどうしても薄くなってしまうので、このように食事に関しては経費として認められにくいのが現状です。

ただし必ずしも認められないという訳ではありません。

税務署の判断によっては、食事に関しても必要な経費として認められる場合もあります。

フリーランスがカフェで仕事をするメリット

フリーランスのカフェ

フリーランスがカフェで仕事をするメリットは主に3つ発生しています。

このメリットを実感するために多くのフリーランスがカフェで仕事をしており、納得できる時間を過ごしているのが現状です。

カフェで仕事をすることで、現状満足できる仕事を行うことができていないフリーランスも一気に状況改善できる可能性を秘めています。

気分転換できるので効率よく仕事が可能

フリーランスは孤独に仕事をしていくケースがほとんどです。

ずっと同じ環境で仕事をしてしまうと思考力低下、もしくは頭の回転が遅くなるなどの状況が起きる可能性があります。

そんな時にフリーランスは、カフェで仕事をすることで気分転換を行えます。

いつもと違った環境で仕事をすることで、作業効率アップを期待することができます。

特に静かな環境が整えられており、仕事に集中しやすいカフェの場合は、大きな効果を実感することが可能です。

自宅もしくは所定の場所で仕事をするよりも短期間で、密度の濃い仕事を行える可能性があるため、多くのフリーランスがカフェで仕事をしています。

気軽に飲食をすることができる

フリーランスも一人の人間なので、仕事をするにはエネルギー補給が必要不可欠です。

基本的にカフェは、美味しい飲み物や食べ物を提供しているお店なので喉が渇いたり、お腹が空いた時はすぐに注文できます。

カフェによっては、種類豊富なメニューが備わっていて、その時の気分に合わせて色んなメニューを注文することが可能です。

満足できる飲食を行うことができれば、エネルギー補給できるだけではなく、精神的にも良い影響を与えられます。

そして仕事に集中できるようになるので、これもカフェのメリットです。

特に魅力的な飲み物や料理を提供しているカフェでは、精神的に良い影響を受けやすいので仕事に良い影響を与えやすいです。

電源や無料wifiなどを使用できる強み

全てのカフェに当てはまる訳ではありませんが、電源や無料wifiを使用できるのもカフェの強みです。

フリーランスとして仕事をするには、パソコンが必要不可欠です。

そのパソコンを起動させる為には、どうしてもバッテリーが必要で長時間稼働と充電が無くなります。

そのような状況が起きた時、カフェの電源を使用すれば再び充電できるようになるので、快適に仕事をすることが可能です。

また無料wifiも魅力的で、気軽にインターネットを実施できます。

クライアントとの連絡を気軽に行えるようになり、円滑に仕事を行えるようになります。

また仕事で分からないことがある時は、無料wifiを利用してインターネットで調べることもできるのでカフェで仕事をするメリットです。

フリーランスがカフェで仕事をする時に見ておくポイント

フリーランスのカフェ

仕事のパフォーマンス向上を目的にカフェで仕事をする時は、利用するカフェに注目しなくてはいけません。

適当にカフェを選択してしまうと満足できる結果を得ることができなくて、フリーランスの仕事に悪い影響を及ぼす恐れがあるからです。

このような状況を回避するため、最適なカフェを選択することが求められてきます。

静かな空間が保たれているのかチェック

集中して仕事をするには、静かな環境が必要不可欠です。

残念ながらカフェによっては、大きな騒音が常に発生してしまい、集中して仕事をすることができない場合があります。

そのような環境では、仕事効率アップを期待するのが難しく、残念な結果になりやすいので要注意です。

そこで静かな環境が整えられているカフェなのか見極めることが絶対に必要です。

それだけではなく、どの時間帯に利用すれば静かな空間の中でカフェを利用できるのか知っておくことも大切なポイントです。

カフェによってはとても静かで落ち着いた空間が保たれており、仕事しやすくなっているカフェも多く存在しています。

多少周りに配慮することが重要

パソコンを使用してフリーランスの仕事をカフェで行う時、入力しているキーボードの音が迷惑になる場合もあります。

自分一人が利用している訳ではなく、多くの人がカフェを利用している可能性があるため、周りを配慮しながら仕事をすることが大切です。

またフリーランスとして仕事をする時、他の方に見られたくない情報がある場合は、できる限り覗かれないポジションでカフェを利用することが必要です。

壁を利用することで極力覗かれないで済むので、安心して仕事をすることが可能です。

まとめ

フリーランスがカフェを利用した時、飲み物に関しては経費として認められることが多いですが残念ながら食事は認められないことがほとんどです。

また利用頻度によって、経費として認められるのか異なってくるので注意しなくてはいけません。

カフェを利用することで、気分転換を行うことができたり、美味しい飲み物を飲むことができます。

また電源や無料wifiが確保されている場合もあり、電源やインターネットを気にしないで、フリーランスの仕事に集中できる魅力もあります。

ただカフェを利用する時は、できる限り静かなカフェを選択し、周りを多少配慮しながら仕事をしなくてはいけないです。

雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

  • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

 

あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

 

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

 

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

 

雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

 

他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事