会社を辞めるかどうする

「勤めている会社を退職する。」

私たちは色々な理由で退職をすることがあります。

中には定年まで勤め上げる方もいらっしゃいます。それでも必ず、全員「退職」の日を迎えることになります。

  • 結婚をすることになった。
  • 両親の介護をしなければならなくなった。
  • 病気になり療養することになった。
  • 独立して起業することになった。

など退職には様々な理由があります。

会社に務めた期間も人それぞれで、数カ月で退職する人もいれば、2年から3年の期間で退職する人もいるでしょう。

さらに10年以上勤めた人もいるでしょうし、定年までまっとうして退職をする人もいるでしょう。

会社を辞める理由や勤めた期間などに関係なく、同じ職場で、時に助けてもらい、時に助けることをして一緒に働いてきた仲間に、退職を機にやはり伝えたいのは「感謝」の思いではないでしょうか?

そんな感謝の思いを伝える方法の一つとしてプレゼントを渡すなんてことを考える人もいるでしょう。

言葉で伝えるのは苦手だから、みんな忙しいからなどプレゼントを渡す理由も様々なのでしょうが、会社を辞める時のプレゼントについて考えてみることにしましょう。

会社を辞める時にプレゼントを渡す義務はない

会社へプレゼント

会社を辞める時に、プレゼントを渡すことは義務ではありません。

それでも、お世話になったという感謝の思いだけは伝えたいものです。

しっかりと思いを伝えられたのであればプレゼントを渡す必要がないともいえるでしょうし、言葉でうまく伝えられないからプレゼントを贈るというのも一つの代用です。

それでも感謝の思いを言葉にすることなく、ただ「プレゼントを渡す」というのは避けた方が良いでしょう。

それは、大前提として「お世話になった感謝の思いを伝えることが優先される」からと考えるといいでしょう。

だからプレゼントを渡す必要はないと考えるのがよいでしょう。

その上で、思いを伝える一つのツールとして、言葉に添えるものとしてプレゼントを併用するのは、決して悪ことではありません。

プレゼントを渡すならいつ渡すのがベスト?

会社へプレゼント

退職をする理由が何であれ、また、退職する時期がいつであれ、退職することで会社や会社に負担をかけるのは必然です。

こればかりは避けて通れません。

退職を控え、感謝の思いを伝えるためにプレゼントを用意したんだけどいつ渡すのがいいのだろう?

勤務最終日で勤務終了後

正直渡すものにもよるのかもしれませんが、最も適切なのは勤務最終日、勤務終了後というのが適切です。

大前提としてこの時間なら会社に迷惑をかけないからです。

そして、最後まで勤め上げ、その上でとのスタンスも伝わりますし、業務が終わっていれば同僚にも迷惑をかけることも少ないでしょう。

送別会で渡すのもあり

また、送別会を開いてくれるような場合にはその機会に渡すのが適切です。

でも、送別会に来れない人もいると思うかもしれませんが、何かの理由で送別会に参加できなかった人には後日お渡しすればいいと思います。

全員の都合を合わせることは難しいことですから。

でも、最終日に渡すのに不安のある人もいるはずです。

営業さんは直行、直帰の人もいるし、勤務の最終日に合えるとは限らない。

この不安はよくわかります。

それでも会って直接渡せない場合は、簡単な手紙を添えて同僚に託すなど、工夫をすることで対応をするのがいいでしょう。

万事、なんでも思い通りにいくわけではありません。割り切って対応することも必要です。

会社を辞める時に渡すプレゼントで喜ばれるプレゼント5選!

会社へプレゼント

どんなものを贈ればいいんだろう?

これは、職場の規模や同僚の数によっても変わります。

当然あまり高価なもを贈る必要はありません。

その理由は「しっかりと感謝の思いを伝えること」の方が大切だからです。

ではどんなものを贈ると喜ばれるのかを見ていきましょう。

お菓子

最も手軽で、しかも多くの人に喜ばれます。

この際、人気のお店のお菓子などだとさらに喜ばれますね。

どうしてお菓子が喜ばれるのはは、一つにもらった側にそれほど負担感がありません。

また、お菓子を一緒に食べることで談笑したりと会話が弾むことも予想できます。

自然な流れで感謝の思いが伝える機会も自然とやってくるかもしれません。

渡す側にももらう側にもそれぞれメリットのあるのがお菓子なのです。

お菓子選びの中で重要なのは、負担にならないことです。

切り分けたり、手を加える必要があるお菓子は適しません。

それでもお菓子の魅力は沢山の選択肢から選ぶことができます。

みんなが喜んでくれるお菓子を見つけてください。

小物

あまり大きな職場で、たくさんの同僚がいる場合には負担が大きいので適しませんが、日常使う小物なども喜ばれます。

例えば必ず使うのが筆記具、文具ですね。

その他にはブックカバーやマグカップ、ハンカチなどです。

あっても困らいないもは無難です。

そして大切なのは使えることです。

使わないものは無駄ですから喜ばれません。

自分らしいアイデアでプレゼントを選んでください。

日用品

意外に喜ばれるのが入浴剤です。

仕事の疲れを取っていつまでも元気でいてくださいって思いも添えられます。

同じような系統だと石鹸、アロマなんかもありますけど、好みがある分、選びにくいという側面もあります。

それでも自宅に入って、入浴剤の入ったお風呂でリラックスをする。

これが嫌いな人はおそらくいないでしょう。

また、プレゼントを贈る人らしさを演出することができるのもこのプレゼントの魅力です。

渡したプレゼントを見て「あの人らしい」と思われたらプレゼント選びは成功かもしれませんね。

観葉植物

職場に観葉植物があると雰囲気が少し変わります。

でも、お世話をする必要があるので、職場によっては向きません。

枯れてしまったらかわいそうですし、せっかくのプレゼントの意味がありません。

でも個々に渡す必要がないので、渡す側の負担は軽減されます。

選ぶ場合には見た目が良く、手入れをあまり必要としないものを選ぶのがいいでしょう。

しっかりお花屋さんと相談して選ぶことをお勧めします。

お酒や飲料

仕事終わりに飲んでください。とみんなで飲めるものは喜ばれます。

お酒が好きな人の多い職場ではなおさらです。

でも、中にはお酒が苦手な人もいますから、そんな場合は、飲料を選択するのもひとつの手です。

大瓶で皆さんでという形もできるし、小さな容器で個々に渡すこともできます。

渡したその場から送別会になったりするかもしれませんね。

会社を辞める時にプレゼントを渡す際の注意点

会社へプレゼント

感謝を伝えることが大前提

プレゼントを渡し時に注意をしなければならないのは、やはり感謝の思いをしっかりと伝えた上でプレゼントを渡すということになります。

プレゼントが前面に出てしまうようなことは絶対に避けるべきです。

仕事を中断させない

次いで、仕事を中断させないことです。

中には仕事を継続しなければならない人もいます。

そんな時はしっかりと配慮を行ってください。

最後の場面のイメージは残ります。

プレゼントを渡すことが優先されないよう気配りをしましょう。

そして、プレゼントを渡すときは喜んでくれることを期待します。

この気持ちはわかりますが、仕事を辞めることで迷惑をかけるのは事実です。

このことは忘れずに対応しましょう。

嬉しそうな顔をしてくれない人もいるはずです。

色々な思いをしっかりと受け止めることも大切な事です。

多くの仲間が喜んでくれることを期待しがちですが、会社を辞めることで迷惑をかけている事実は消えません。

仕事を辞めるということはそうゆうことなので割り切るしかありません。

誰にも負担をかけずに会社を辞められたらいいんですけど、そんなことは絶対にないのです。

ですからそのことを会社を辞める人は負担に思う必要はありません。

結論はプレゼントを渡すよりも感謝を伝えることが大事

感謝

退職をする際に、プレゼントを贈るのは感謝の思いを伝えたいからに他なりません。

言葉で伝えることが難しいように、ものを介在して思いを伝えるのもまた難しいことです。

退職という一つの場面には送る側と、送り出す側の立場があります。

そして、送り出す人たちにも様々な思いがあります。

自分の退職の日までに自分のことは当然整理がついていることでしょう。

しかし、逆の立場の人は、いまだ整理がつかず、先の展望も見えずといった状況である場合も想像できます。

様々な思いをしっかりと受けとめ、その上で「感謝」の思いだけはしっかりと伝えたいものです。

ものに頼りすぎることなく、しっかりと言葉で思いを伝えることが第一です。

誰かが会社を辞める時、それは多くの場合、会社に同僚に負担をかけることになります。

一人抜けた穴を誰かが代わりにしばらくやる場合もあるでしょうし、分担して負担する場合もあります。

いずれ人員が補填され、元の状態に近い状態に戻るのでしょうが、それまでは人知れず、皆黙って負担を背負うことはしっかりと理解しておくべきです。

仕事を辞めるのが悪いのではありません。

そうゆうものなんだと知っておくことは必要です。

退職を機に職場の仲間たちにプレゼントを贈ろうとする思いはとっても素晴らしい気持ちです。

その気持ちはぜひ大切にしてください。

そして、その思いに添えるプレゼントを贈る場合は、しっかりと品定めをして多くの仲間に喜ばれるのが理想です。

多くの仲間に喜ばれるには職場の雰囲気、仲間の価値観、仲間たちの好みなどを知っていなければできません。

一石二鳥ではできないことです。

適当にプレゼントを買ってそれを贈るのでは、贈られる側もしっかり「適当」との雰囲気を感じ取ります。

人ってそうゆう生き物ですから。

そして、みんなが喜んでくれるプレゼントを贈れれば、感謝の思いをより大きく伝えてくれるものになることでしょう。

会社を辞めることは一つの岐路です。いい意味で区切りをつけ、新しいスタートが切れるような機会にしたいものです。

感謝の思いを伝えるためにプレゼントを添えるのなら、プレゼント選びは全力でした方がいいでしょう。

そもそもそんな思いに至らない場合は、無理してプレゼントを贈らなくてもいいですからね。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事