会社を辞めるか迷う

様々な状況によって仕事を辞めた方がいいのかもしくは辞めない方がいいのか悩んでいる人もたくさんいます。

誤った判断をしてしまうと心身の疲労が大きくなったり、今後の人生に悪影響を及ぼす可能性があるので注意しなくてはいけません。

そこで仕事を辞めてもいい人はどのような特徴が発生しており、どのような人は基本的に辞めない方がいいのかまとめましたので、会社を辞めるか迷っている人はぜひ参考にして下さいね。

仕事を辞めてもいい人の特徴

仕事辞める

仕事を辞めてもいい人は存在しており、主に5つの特徴が発生しています。

これから紹介する特徴が発生した場合、速やかに仕事を辞めた方が今後の人生に悪い影響を与えないで済みます。

特に難しい特徴ではないので、誰でも簡単に理解することができます。

人間関係に悩んでいる人は改善するのが難しいので退職した方がいい

どんな仕事でも多くの社員や仕事仲間と協力しながら仕事を行わなくてはいけません。

良好な人間関係が保たれていれば、効率よく仕事を実施することができます。

しかし劣悪な人間関係になっている場合、効率よく仕事が行えないだけではなく、精神的なストレスも溜めやすいです。

様々な部分で悪影響を及ぼすので、人間関係があまりにも悪い場合は、思い切って仕事を辞めるのも選択肢の一つです。

残念ながら自分一人が頑張っても劣悪な人間関係を改善するのは、非常に難しいです。

そこで仕事を辞めて、良好な人間関係が保たれている職場を選択すれば、満足できる仕事を実施しやすくなります。

精神的な病を発症しそうな人はすぐに辞める

これまでの仕事によって、精神的なストレスが多く溜まってしまい、精神的なストレスが酷い人は今すぐ辞めるべきです。

その理由として、身体の怪我や病気と比べて精神的な病は、完治するのが非常に難しいです。

酷い症状の場合、完治するのに数年以上かかってしまう恐れがあり、今後の人生に悪い影響を及ぼす恐れが高いです。

そのような深刻な状況を避けるため、うつ病をはじめとして様々な精神的病を発症しそうな人は、速やかに会社を辞めなくてはいけません。

残念ながら精神的な病を発症しているにも関わらず、無理をすることで大切な人生に悪影響を与えている人がたくさんいます。

仕事が全然向いていないもしくは挑戦したい仕事がある人

現状実施している仕事に向いていない人は、仕事を辞めるのも選択肢の一つです。

人によってどのような能力に長けており、仕事に向いているのか異なっています。

何時までも苦手な仕事を実施してしまうと精神的な苦痛が大きく発生してしまい、精神的な病を発症する原因にもなります。

自分のスキルや能力を細かく分析して、全く向いていないと判断できた時は仕事を辞めても問題はありません。

また現在行っている仕事ではなく、挑戦したい仕事がはっきりとしている人も辞めた方がいいです。

挑戦した仕事がはっきりとしている人は、現状嫌な仕事を行っている可能性が高いです。

それよりも挑戦したい仕事にチャレンジすれば、高いモチベーションを保ちながら仕事を実施できます。

今後の人生にも良い影響を与えやすいので、思い切って新しい仕事を実施することも大切なポイントです。

過酷な労働環境が発生している

残念ながら会社によっては、過酷な労働環境が発生しており、心身に大きな疲労を生み出している場合があります。

短期間ならば我慢することができるかもしれないですが長期間の場合、無理をしてしまうと心身ともにボロボロになってしまう恐れがあります。

特に残業が月に100時間を越えていたり、尋常ではない仕事量を任されている場合は深刻な問題に発展しやすいです。

そこで仕事を辞めてしまえば、このような過酷な労働環境で仕事をしないで済みます。

身体と心に悪い影響を与えないで済み、残業が少ない職場を選べば、快適に仕事を実施することが可能です。

怪我や病気によって現状の仕事が困難な人

仕事をすることによって、職業病と呼ばれる病気を発症してしまい、快適に仕事を実施できなくなる恐れも少なからずあります。

職業病(しょくぎょうびょう、Occupational disease)とは、特定の職業に従事することにより罹る、もしくは罹る確率の非常に高くなる病気の総称である。

医学用語では「職業性疾病」、労働基準法では「業務上疾病」と表現される。

また転じて、特定の役務を行なう人に降りかかる災難を指す場合もあるほか、特定の職業に就く人に顕著に見られる問題のある傾向も、この言葉で形容する場合がある。

引用:Wikipedia

深刻な怪我や病気を患ってしまうことで、現状の仕事を快適に実施できない時も出てきます。

もしこのような状況が発生した場合、会社に貢献するのはとても難しいです。

思い切って退職していき、怪我や病気の影響を及ぼさない仕事をすることで、戦力として働けるようになります。

特に肉体労働系の仕事は、怪我を起こしやすく、それによって仕事が実施できなくなるケースも少なくありません。

仕事を辞めない方がいい人の特徴

仕事辞める

仕事を今すぐにでも辞めた方がいい人もいれば、現状仕事を辞めない方がいい人も中にはいます。

仕事を辞めた方がいい人と同様に辞めない方がいい人も特徴が発生しているので、冷静に判断することが求められてきます。

仕事内容や人間関係に満足している人

仕事内容や人間関係など色んな部分に満足している人は、基本的に仕事を辞めない方がいいです。

それだけ満足できる仕事は、簡単には見つからないので辞めてしまうと次の仕事を探すのがとても大変です。

ちょっとした嫌なことが発生し、それによって辞めたいという気持ちが出てくるかもしれないです。

しかし仕事内容や人間関係などに満足している人は、辞めない方が今後も快適に仕事を行える可能性があるので退職はお勧めできないです。

すでに重要な役職で仕事をしていて給料や待遇がいい

部長や管理職などの重要な役職で仕事をしており、他の会社よりも給料や待遇がいい人は基本的に辞めない方がいいです。

たくさんのお金を得られるだけではなく、待遇によって何か問題が起きた時に会社から守ってもらえる可能性が高まります。

もし仕事を辞めて、新しい職場で仕事をすることになった時、以前と同じように重要なポジションで仕事を行えるとは限りません。

部長や管理職として働くのは、これまでの積み重ねが重要になるので、辞めてしまうのはもったいないです。

入社して全然期間が経過していない

入社して一日もしくは二日で、仕事を辞めたいという人も実際にいます。

せっかく内定を獲得できた会社や仕事にも関わらず、入社して一日もしくは二日で辞めてしまうのはもったいないです。

また職務経歴書にキズがついてしまうので、入社してすぐ辞めるのは好ましくありません。

ある程度働いて、それでも満足できなかった場合は別ですが一日や二日では、仕事内容もほとんど理解できていないです。

頑張って仕事をすることで、実は自分に向いている仕事の可能性もあるので、少しでも頑張ることが求められます。

感情だけで辞めたいと考えている人

仕事で嫌なことが発生してしまい、多大なストレスが生み出されることも少なくありません。

それによって感情が高まってしまい、辞めたい気持ちが強くなる場合があります。

感情が高まっている時、残念ながら人は冷静な判断をするのが難しいです。

一度冷静な気持ちを取り戻すことで、辞めたいという気持ちが無くなる可能性もあります。

残念ながら感情を最優先にした退職は、その後の転職や仕事で失敗しやすいので辞めない方が賢明です。

転職に対してマイナスイメージを持っている人

近年は転職する人が増えており、満足できる仕事に転職できている人はたくさんいます。

しかし転職は必ず成功するわけではなく、残念ながら失敗してしまう場合もあります。

現状よりも悪質な会社に入社してしまったり、給料や待遇が悪くなることも少なくありません。

転職はあくまでチャレンジになっており、成功する場合もあれば、失敗してしまうリスクも存在しています。

そんな転職に対してマイナスイメージを持っている人は、現状の仕事を辞めるべきではありません。

会社を辞めたいけど退職のことが言えない人どうする?

退職

会社を辞めたいけどお世話になっている上司に退職のことを言えない人も中にはいます。

そんな人は、まず知人や友人に退職のことを相談することが必要です。

他の人に話を聞いてもらうことでストレス解消できるだけではなく、アドバイスを貰えます。

それによって適切な判断ができるようになり、本当に会社を辞めた方がいいのか見極められるようになります。

もし知人や友人に退職のことを話せない時は、家族に相談しても問題はないです。

注意しないといけないのは、会社の同僚もしくは先輩に相談してしまうと会社を辞めたいということがバレる可能性が高いです。

人間関係が悪くなるだけではなく、会社での評価も下がる恐れがあるので気をつけないといけません。

どうしても相談できる相手がいない時は、電話相談や占い師に頼るという方法もあります。

一人で悩みすぎるのはよくないので、まずは相談できる相手を見つけることがとても重要なポイントになります。

まとめ

会社や仕事を辞めた方がいいのか悩んでいる人は、まず冷静に考えなくてはいけないです。

その理由として辞めた方がいい人と辞めない方がいい人がいて、判断を間違ってしまうと今後の人生に悪い影響を出してしまうので注意です。

精神的な病を発症しそうだったり、あまりにもきつい職場環境の人は速やかに辞めた方がいいです。

逆に一時的な感情に流されている人や入社して間もない人は、できる限り辞めない方が安全です。

また人によっては、お世話になっている上司に会社を退職したいことを伝えられない場合もあります。

そのような状況が発生している人は、友人や家族など相談できる相手を見つけることが必要です。

そして辞めたいことを話すことで、適切なアドバイスを貰えたり、ストレス解消できるので本当に辞めた方がいいのか判断できます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事