退職届の封筒の選び方・色は白が無難?

退職したい人の多くが退職届を準備しており、上司や会社に提出することで退職したい意志を伝えています。

その時に大切な役割を持っているのが退職届の封筒で、慎重に選択しなくてはいけません。

人によってはどのような封筒を選べばいいのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで退職届の封筒選びや書き方などをまとめましたので、ぜひ参考にして下さいね。

退職届の封筒の選び方

封筒

退職届で使用する封筒の選び方は、そこまで難しくなっていないです。

ただし、あまりにも奇抜な封筒を選択してしまうと、退職届を提出する上司もしくは会社に悪い印象を与えてしまうので避けなくてはいけません。

白色の封筒がもっとも好ましいカラー

退職届の封筒を選択する時、白色の封筒がもっとも好ましいカラーになります。

現在封筒は白色だけではなく、茶色や青色など色んなカラーが存在しています。

会社によってはメインのカラーが存在しており、それに合わせて封筒を使用している場合があります。

ただし退職届は、退職に関する真剣な考えを上司や会社に伝えなくてはいけません。

そこで白色の封筒を選択すれば、退職届として分かりやすいだけではなく、真剣に退職を考えることが伝わりやすいです。

他の色だと上司や会社によっては、退職届を受け取らないもしくは不愉快な気持ちにさせる恐れがあるので要注意です。

郵便番号の記載がない封筒が魅力的

少しでも印象を良くさせるため、退職届に使用する封筒は郵便番号の記載がない封筒を選択した方が無難です。

見た目がよくなるだけではなく、退職届としてしっかりと提出する事が可能です。

どうしても郵便番号が記載するところがあると、見た目が悪くなりやすいです。

そのような状況を回避するため、できる限り郵便番号の記載がない封筒を選択することがポイントです。

退職届に合わせたサイズの封筒

退職届によって、サイズが異なっているのであまりにも小さい封筒は、退職届用の封筒として使いにくいです。

退職届の指定がない会社は特に問題ありませんが、指定がある会社は、サイズに合わせて封筒を選ぶことが重要です。

現在では色んなサイズの封筒が存在しており、退職届のサイズに合わせて選択できるようになっています。

退職届の封筒を選ぶ際の注意点

封筒

退職届の封筒を選ぶ際、注意点も存在しているので把握することがポイントです。

特に初めて退職届を提出する人は、慎重に選択しないと恥をかいてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。

安っぽい封筒はできる限り回避

あまりにも安っぽい封筒は、退職届を上司や会社に提出する時、悪い印象を与えてしまう場合があります。

最高級の封筒を使用する必要はありませんが、ある程度品質が保たれており、魅力的な封筒を使用すれば、悪い印象を持たれないで済みます。

封筒はお店で販売しているだけではなく、通販でも購入できるのでどのような封筒があるのかチェックすることが必要です。

カラーとサイズにはくれぐれも注意

今は様々な色の封筒が存在しており、状況に応じて使い分けされています。

できる限り退職届を提出する時に悪い印象を与えたくない人は、白の封筒を選ぶのが重要になります。

また退職届のサイズによって、最適な封筒サイズが異なります。

同じように見える封筒もサイズが異なっており、小さいサイズから大きなサイズまで存在しています。

適切なサイズを選べば、退職届が変に折れてしまうことを避けられるので大切な部分です。

退職届の封筒の書き方

退職願

見栄えの良い退職届の封筒にするには、書き方がとても大切です。

初めて退職届の封筒に色々と書く人も要点を理解しておけば、満足できる書き方を実施できます。

その為にもポイントが存在しているので、理解することが必要です。

表面に退職届と記載すること

どのような封筒なのかきちんと理解してもらうため、表面に退職届と書かないといけません。

表面はこれ以上書く必要はないので、シンプルに退職届と記載して問題はないです。

退職届を表面に記載する際、できる限り中央で大きく書くことがポイントになります。

それによって上司や会社は、退職届として理解できるので分かりやすくなります。

裏面は所属や氏名を書くこと

表面は退職届として記載するだけで、特に問題はありません。

裏面も表面と同様にそこまで難しくないので、初めての人もほとんど問題なく書くことができます。

まずは誰が退職届を出しているのか把握できるように氏名を記載しなくてはいけません。

その他にも所属している部署などを記載しておけば、部署や科に同じ名字の人がいてもきちんと理解してもらえます。

一般的な封筒の場合、氏名の他に住所を記載することが多いのですが退職届の封筒は、住所を書く必要はないです。

どうしても不安な人は、書いても問題ありませんがほとんどの人が住所を書いていないです。

間違った時は修正液を使用するのではなくて新しい封筒を使用

もし封筒に書く際、誤った文字を書いてしまった時は修正液を使用するのではなく、新しい封筒を使用することがポイントです。

修正液を使用してしまうと悪い印象を与えやすく、退職するまでに険悪な雰囲気の中で仕事や引き継ぎを行わないといけない恐れがあります。

面倒かもしれないですが新しい封筒を選択することで、見栄えのよい退職届の封筒に仕上げられるので大切です。

退職届の封筒の入れ方

退職願

退職届を封筒に入れる時、いくつかのポイントがあり、把握することで好印象を与えられるようになります。

ちょっとしたポイントになるのですが、封筒の入れ方を理解しておけば、常識ある人間としてアピールできるので重要です。

三つ折りが基本になっている

退職届を封筒に入れる前、三つ折りが基本になっているので丁寧に折っていくことがポイントです。

三つ折りは考えている以上に難しいので、人によっては悪戦苦闘してしまう恐れがあります。

もし上手く三つ折りを実施できる自信がない人は、薄く折り目などを付けてゆっくりと行っていくことが大切です。

それによって質の高い三つ折りができ、綺麗に入れられるようになります。

強引に入れないように注意すること

退職届の他に封筒に記載が完了することで安心してしまい、強引に入れてしまう人がいます。

もし封筒に対して、退職届を強引に入れてしまうと変に折れてしまう場合があるので気を付けないといけません。

一度折り目がついてしまうと中々改善するのが難しいので、封筒に退職届を入れる時はゆっくりと行うのがコツです。

すぐ読めるように入れること

封筒から退職届を出した時、すぐに読めるような入れ方をすることでどのような退職届なのか把握しやすいです。

あまりにもぐちゃぐちゃな入れ方をすると不機嫌になる人もいるので、注意しないといけません。

封をしなくても特に問題なし

退職届の場合、すぐに封筒から出して読むことがほとんどです。

そこで封をしなくても一般的に問題なく、悪い印象を与えることもないです。

一般的に封をしなくても問題ありませんがどうしても封をしたい場合は、締めマークを書くことが必要になります。

退職届は手渡しが良い?それとも郵便でも良い?

退職願

退職届を提出する方法として、手渡しもしくは郵便の方法があります。

どちらの方法も退職届を提出することができるので、多くの人が退職届を提出する時にどちらかの方法を選択しています。

一般的に手渡しをすることがほとんど

退職届を提出する時、一般的に選択される方法は手渡しになります。

直接上司や会社に提出することができるので、きちんと受取ってもらえることが関係しています。

更にこれまでお世話になった会社に対する礼儀でもあり、この方法を選択する人が非常に多いです。

ただ退職届を手渡しする時、渡す相手や会社の事情を把握した中、適切なタイミングで渡さないといけません。

やむをえない時は郵送を選択

どうしても手渡しで退職届を提出できない時、郵送を選択する人がほとんどです。

深刻な病気もしくは怪我によって、会社に出勤することができない人もいます。

また身内の介護が急に必要になり、手渡しで退職届を提出できない時、この方法を選択すれば、問題なく提出することが可能です。

この時に注意しないといけないのは、退職届用の封筒を準備するだけではなく、一般的な封筒も準備しないといけません。

また退職届の封筒を一般的な郵送用の封筒に入れるだけではなく、添え状を入れるのがマナーになります。

添え状はこれまでお世話になったことを記載しつつ、退職することを記載すれば特に問題はありません。

退職届と添え状を郵送用の封筒に入れることで、会社に届けてもらえます。

郵送でもこのように退職届を提出できるのですが手渡しと比べても面倒な手順が発生しています。

まとめ

退職届の封筒は各々のマナーが存在しているので、できる限り守っていかないといけません。

白の封筒を使用するだけではなく、退職届のサイズによって封筒サイズもチェックすることが必要です。

また封筒の書き方にも注意しないといけなくて、表面と裏面で記載しないといけないことが異なります。

またミスしてしまった時は、修正液で修正するのではなく、新しい封筒を使用することが求められてきます。

一般的に手渡しで退職届を提出することがほとんどなのですが郵送で、提出する方法もあります。

もし郵送で退職届を提出する時は、添え状や一般的な郵送用封筒を準備しておき、迅速に提出することが大切です。

国の制度である「社会保障制度」を活用し給付金を最大28か月間の給付金を得るには

ここまで退職に関することをご紹介しましたが、最大28か月間の給付金を受け取ることが可能な社会保障制度はご存知ですか?

社会保障制度とは、国の制度であり、金融広報中央委員会のHPには以下の様に分かりやすく記載されています。厚生労働省のHPにも記載あり

社会保障制度

私たちは1人ひとりが自らの責任と努力によって生活を営んでいるのですが、病気やけが、老齢や障害、失業などにより、自分の努力だけでは解決できず、自立した生活を維持できなくなる場合も往々にして生じます。このように個人の責任や努力だけでは対応できないリスクに対して、相互に連帯して支え合い、それでもなお困窮する場合には必要な生活保障を行うのが、社会保障制度の役割です。

社会保障制度は、私たちの生活を守るセーフティネットの機能を持っています。私たちの生活を生涯に渡って支え、基本的な安心を与えています。

社会保障制度は、具体的には「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」を総称したものです。

引用: 金融広報中央委員会「知るぽると」

上記に記載されている様に、国が定めている制度にもかかわらず知らない人も多いのが社会保障制度です。

どれくらい知らない人がいるかと言えば、傷病手当金を例に説明しましょう。

15歳~64歳までの労働者が全国に6700万人いますが、その内社会保障制度を受給できる適合者は1600万人(約4人に1人)もいます。

しかし、実際に受給できている人は9万3000人(約0.5%)しかいません。

なぜこれほどまでに社会保障制度が知られていないかと言えば、

  • 社会保障制度自体知らなかった
  • 申請方法や細かい条件が分からない...
  • なんだかむずかしそう...

などの理由があります。

もちろん、中には知っている人もいるかと思いますが、受給者が全体の約0.5%しかいないことを考えると知らない人が多いでしょう。

社会保障制度でもらえる金額は?

失業保険のことが気になってここまで読んでくれたあなたですから、実際にもらえる金額はやはり気になるもの。

結論から言えば、社会保障制度で受給できる金額は失業保険でもらえる金額よりも大きくなります。

会社からの総支給額が25万円の場合、社会保障制度を受給できる金額の内容は以下の通りになります。

  • 給付金の金額は失業手当同様に月の総支給額6割
  • 最低でも21か月間の給付金を受け取ることが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×21ヶ月=315万

逆に、失業保険の場合の金額を比較してみましょう。

失業保険で受給できる金額の内容は以下となります。

  • 自己都合退職の場合総支給額の6割
  • 最低3ヵ月間から受給することが可能

【計算式】

25万×0.6=15万×3ヶ月=45万

では、社会保障制度と失業保険で比較をしてみましょう。

内容 社会保障制度 失業保険
支給額 総支給の6割 総支給額の6割
もらえる期間 21か月~最大28か月 3ヵ月~
総支給額が25万円の場合 315万円 45万円
退職してからの受給開始日 2か月後 4~5か月後(待機期間含む)

    上記の表からも分かる通り、国が定める社会保障制度を活用すれば総額315万円以上を受給することができます。

    実際にどうやって社会保障制度を受給したら良いの?

    とはいえ、残念ながら誰しもが社会保障制度を受給できる訳ではなく、受給する為には条件があります。

    【受給条件】

    その条件とは、社会保障制度に適応しているか適応していないかの条件である為、以下4つです。

    • 社会保険加入期間が1年以上(健康保険証の資格取得日参照)
    • 転職先がまだ決まっていない
    • 退職日まで3週間は期間がある
    • 退職日を含めた4日間以上休みがある

    社会保障制度は会社に勤務している状態でないと申請ができない為、退職日まで3週間前後は期間がないと難しいです。

    ですので上記の条件を満たしており、詳しく話を聞いてみたいという方は社会労務士に大人の楽屋がお繋ぎ致します。

    お話を聞いてみて特に必要なければその場で断って頂いて構いませんので、メリットがあると感じていただけたら是非ご活用下さい。

    大人の楽屋へのお問い合わせは無料で下記からできます。

    また、以下の様なお悩みを抱えている人もいるかと思います。

    • 将来の為に社会保障制度の内容だけでも知りたい
    • 私は専業主婦になるのだけども受給できるの?
    • 過去に失業保険を一度受給していても社会保障制度は受給できるの?
    • 社会保障制度は一度しか活用できないの?
    • パートやアルバイトだけども受給できるの?
    • 地方に在住していても活用できるの?

    等、人によって様々な疑問をお持ちかと思います。

    とはいえ、失業保険で受給できる金額と社会保障制度で受給できる金額に大きく差が開いている様に、知っているか知らないかで今後大きく人生が変わる可能性もあります。

    自分で受給手続きをした場合と、専門家に相談した上で受給手続きをした場合とでは、もらえる金額に数十万~数百万円もの差が開きます。

    ですので迷っているなら、まずは一度当サイト大人の楽屋へお問合せを下さい。

    もっと内容を理解してからお問い合わせをしたいという人は以下の動画もご覧になってからお問い合わせを下さっても大丈夫です。

    雇われない働き方を手に入れませんか?【7日間の無料メール講座】

    • 会社に雇われるのではなく自分の力で稼ぎたい!
    • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
    • 稼ぐ力を身に着けて自由な生活をしたい!
    • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!
    好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

     

    あなたは毎日の仕事の忙しさで自分の人生を犠牲にしていませんか?

     

    やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

     

    「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

     

    雇われずに働く術を7日間のメール講座に叩き込みました。あなたがまだ見ぬ世界をお届けします。

     

    他では手に入らない”自由な働き方”を受け取ってください!

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事