会社に勤めている人では一度は憧れるであるだろう、人に雇われず、自由に生きる生き方。

会社の人間関係で苦労する人は珍しくなく、上司の無茶振りや後輩の不始末に振りまわされるなど日々神経をすり減らしている人がいます。

独立をすることで雇われない生き方を模索する人は珍しくなくなっていて、意外に身近なものになりつつあるのです。

この記事はこんなことを考えている人に読んでほしいです。

  • このまま会社に勤めていて働いても豊になれるかな?
  • あと何日我慢すれは休みだっけ?
  • 日曜日の夜はいつも憂鬱だ...
  • 今日も会社に行きたくない...
  • 今日も嫌な上司と顔を合わせないといけないのか...
  • 頑張っても給料なんて上がらない...
  • 転職してもまた人間関係で悩んでる...

上記で取り上げた以外にも思うことはあると思いますが、雇われない生き方とは果たして魅力的なのか見ていきましょう。

雇われない生き方は果たして魅力的なのか?

結論から言えば、雇われない生き方をすると今まで出来なかったことが出来ることは確実に増えます。

例えば、平日の昼から外出したり、夕方から飲み会をしたりなど。

普段は出来ないようなことができると思うと、雇われない生き方は魅力的ですよね。

ですが、雇われない生き方をすると、自分で出した結果を自分で受け止めることになります。

つまり、会社に勤めていた時には、失敗は会社の責任となりますが、雇われない生き方をすると、責任は全て自分に降りかかってきます。

では、雇われない生き方をするメリットの前にデメリットを具体的に見ていきましょう。

雇われない生き方をするデメリット

雇われない生き方の最大のデメリットは収入が安定しないことでしょう。

自分で自由に仕事をできるということは、結果を出せなければ無収入になることもありえるということです。

ビジネスで失敗して借金を背負う人が存在するように、成功の確率と同様に失敗の確立が潜んでいるのが雇われない生き方なのです。

また、厚生年金や失業保険などに加入できず、社会的な保障を受けにくいのも雇われない生き方をする特徴になります。

収入がないときに、生活ができるように備えられるかも求められるのです。

収入が安定しないことからクレジットカードの審査や銀行などの借入が難しくなる場合もあります。

トラブルにあった際に守ってくれる団体や企業が存在しないのもポイントです。

一つのミスが致命的になる仕事もあるため、どの程度リスクを引き受けられるかも自分で考える必要があります。

訴訟などのリスクや、税務、会計といった問題をどうするのかも考えなければならないため、自由な分リスクが大きいのがデメリット言えます。

雇われない生き方をするデメリットのまとめ
  • 収入が安定しない
  • 社会的な保障を受けにくい
  • クレジットカードや銀行などの審査に通りづらい
  • トラブル時に守ってくれる団体や企業が存在しない
  • 税務・会計、提訴などの問題を自分で解決する必要がある

雇われない生き方をするメリット

雇われない生き方をするデメリットを紹介しましたが、実は意外とリスクが多かったりもします。

ただ、僕自身も雇われない生き方をして1年以上生活をしている訳ですが、メリットは多数あります。

それは、雇われない生き方をすることで、自分の裁量が増える点です。

どのように営業を行い、どのように収益をあげ、どのようにすごすかは自分次第になります。

ワークライフバランスも自分で設定が可能で、収益が十分にあれば仕事をする日よりも休む日を多くすることも可能です。

そして、自分が雇う側になることもできます。

人を雇用してビジネスを拡大し、経営者として成功する人もいます。

与えられた仕事をこなすのではなくビジネスの創出を行い、成功を収める人もいるのです。

自分の仕事の経験を生かしてフリーランスとして生きる人や、新たにビジネスを立ち上げて経営者になる人もいます。

ビジネスが成功すれば際限なく収入が増える可能性もあるほどです。

仕事を断るという選択もできるようになるため、自由度の高さが雇われない生き方のメリットになっているのです。

つまり、雇われない生き方をするメリットは自分が自由に動けることから、結果が収入に直結しやすいということですね。

雇われない生き方をするメリット
  • 人間関係は自分で決めれる
  • 収入が向上しやすい
  • 人を逆に雇用することができる
  • 自由な時間が増える
  • 何をするのも自分次第
  • したい仕事としたくない仕事を分けることができる
  • ビジネス仲間が増えやすい
  • 自分の裁量が増えやすい

雇われない生き方をする職業といえばこの職業!

さて、雇われない生き方をするメリット、デメリットを紹介したところで、雇われない生き方をする代表的な職業と言えば、

  • フリーランス
  • ノマドワーカー
  • 会社経営者

の3つですね。

上記の3つには、雇われない生き方をする特徴がそれぞれあります。

ですが、それぞれの働き方に向き不向きもありますから、雇われない生き方を考えている人はぜひ参考にしてみて下さいね。

雇われない生き方1:フリーランス

フリーランスは特定の雇用主を持たず、個人事業主として仕事を請け負いこなしていく職業です。

また、自分から営業をかけて仕事を作っていく人間も存在し、様々な職種のフリーランスがいるのも特徴になっています。

システムエンジニアやデザイナー、編集者など、需要があればありとあらゆる仕事がフリーランスで成り立つ場合があるのです。

公務員など公務に関する仕事などには関われませんが、仕事の種類が多く、自由度が高いのが特徴になります。

条件次第で常駐の仕事として会社勤める働き方を選択する人もいますが詳しくは下記の記事で。

雇われない生き方2:ノマドワーカー

「ノマド(nomad)」はもともと遊牧民を意味する言葉であり、ネットワークを通じて様々な仕事をこなし、特定の職場を持たない働き方を指しています。

フリーランスが職場を限定せずにネットを経由して仕事をしている状態とも言え、内容が重複する部分もあります。

ノマドワーカーは、パソコンやスマホがあればどこでも仕事ができるのが長所で、自宅やカフェで仕事をこなす人も珍しくないのがポイントです。

広義の意味では職場が限定されていないだけで、企業と雇用関係にある場合も存在します。

どのような契約形態をとるかで働き方がかわる場合もありますが、インターネットならではの自由度の高い職業と言えますね。

雇われない生き方3:会社経営者

いわゆる会社の社長ですね。

会社の社長は雇われる側ではなく、雇う側になり人材という資源を生かしてビジネスを行います。

独立起業して経営者になるほか、出世をすることで経営者に上り詰める人もいます。

また、資金を集め、既存の企業などを買収して経営者になる人もいます。

ビジネスの課題をどのように解決するかを考えるのが仕事であり、考える能力に長けた人材が多い場合は交渉役などとして仕事をしていくことになります。

経営者の能力やバランス感覚で会社のカラーが大きく変わることは珍しくなく、フリーランスと違って人を使う力量が試されるのが会社経営者なのです。

雇われない生き方をするには?

雇われない生き方をするためには、どのように仕事を探せばよいのか、売り込めばよいのかをしっかりと固めておく必要があります。

フリーランスやノマドワーカーとして独立することは誰でもできますが、実際にどのように仕事を請け負うのかというノウハウは自分で学ぶ必要があります。

そのため、まずは副業として請負の仕事からはじめ、実績を作ってから独立する人は珍しくないのです。

独立すれば守ってくれる会社もなくなるため、自分でリスクを管理していく必要があります。

経営者になりたいのであれば資金力が必要になり、どのようにお金を集めるのかというノウハウも問われます。

リスクを背負えるのか、背負うだけのメリットがあるのか冷静に考えることが雇われない生き方のポイントになってくるのです。

メリットが大きいのであれば、後はデメリットをどのように減らすのかが焦点になっていきます。

雇われない生き方する為に知っておくべきこと
  • 資金力はあるのか
  • 自分で仕事を請け負うことができるのか
  • リスクを背負う覚悟があるのか
  • 冷静でいられるか
  • 困った時に相談できる仲間がいるか

雇われない生き方を将来的に実現させたいなら

雇われない生きを実現させるのは、決して今すぐという訳ではありません。

数年後に独立したいなど、雇われない生き方をしたい人の考え方は人それぞれですからね。

しかし、残念ながら将来的に雇われない生き方をしようと考えている人でも何も行動していなければ、独立しても無収入のまま会社員に逆戻りです。

そこで、おすすめしたいのが「クラウドソーシング」などを利用して実際に自分自身でお金を稼ぐ体験をしておくことです。

自分自身でお金を稼いだことがある経験のと、経験がないとでは、お金を自分自身で稼ぐのがどれだけ難しいのかが身に染みて分かります。

下記の記事は今すぐにできる副業のサイトをまとめている記事ですので、まずは自分自身でお金を稼ぐ体験をしたい人は見て下さいね。

雇われない生き方にしていく前に知っておくべきこと

もし今すぐに会社を退職して、雇われない生き方にしたいと考えている人もいるでしょう。

今すぐに雇われない生き方を実現したいのであれば、下記のことは知っておくと良いです。いずれも会社に務めている時にできることですので、ぜひチェックしておきましょう。

  1. 引継ぎをしっかりとしておく
  2. 資格や免許の取得をしておく
  3. 家族や恋人の了解を得ておく
  4. なるべく貯金をしておく
  5. クレジットカードを作っておく
  6. 都道府県が管理する支援制度をチェックしておく
  7. セルフブランディングを行っておく

また、上記に加えて失業保険の知識も見つけておくと良いです。

というのも、失業保険は国が定めている制度ですから、独立した当初収入が無い時でもお金がもらえる可能性もあります。

詳しくは下記で雇われない生き方を実現させる前に知っておいて欲しいことはまとめていますので、見て下さいね。

雇われない生き方をする仲間を見つけるには

さて、企業などに雇われている人は、いきなり雇われない生き方をする人達と仲間になるのは容易ではありません。

会社の上司も結局は会社に雇われている人ですから、「独立したいのですが...」なんて上司に相談したところで、「辞めとけ!」と言われるだけです。

というのも、会社の上司は独立したことが無いからですね。

では雇われない生き方をして過ごしている人達を、どこでまず探せば良いかというと、「オンラインサロン」などに参加してみることですね。

当サイト大人の楽屋でもオンラインサロンで、多くの人達にビジネスアドバイスをしており、多くの雇われない生き方をしている人達がいます

大人の楽屋では無料相談もしていますから、雇われない生き方を実現したいと考えている人は一度相談してみると良いかもしれませんね。

ゼロから起業する最速ステップ!(計8回93分動画)
  • フリーランスになって自分の力で稼ぎたい!
  • 自分の経験や知識を活かしてビジネスをしたい!
  • Webを活用してビジネスを伸ばしたい!

好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。

あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか?

やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。

「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく!

過去1000人以上アドバイスをしてきたビジネスの本質をメール講座に叩き込みました。

他では手に入らないビジネスの本質を受け取ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事