退職理由の『体調不良』は有効?

所属している会社から貰える給料に納得することができなかったり、劣悪な人間関係に疲れてしまうなど退職したいと感じる場面は多く存在しています。

このまま劣悪な環境で働くよりも新しい環境で仕事をすることで、少しでも良好な環境が整えられているところで働けば、充実した日々を過ごしやすいです。

そこで退職理由を伝えることで、目的の退職を実施することができます。

そんな退職理由の一つとして、体調不良を理由にした退職理由も存在しています。

体調不良を理由に退職することが可能なのか解説するだけではなく、診断書などが必要なのかどうかまとめてみました。

退職理由の『体調不良』は有効?嘘でも大丈夫?

体調不良

体調不良を理由として退職することは実質可能で、実際この理由で退職している人もたくさんいます。

人間の身体は日々生活することで、残念ながら様々な病気を発症してしまう恐れがあります。

その中には命の危険が発生する病気もあるので、もしもこのような病気を発症してしまった時は1日でも早く治療に専念することが重要です。

嘘で体調不良と伝えても問題はなく、嘘の体調不良で退職している人も中にはいます。

ただし、見た感じとても元気そうに見えているにも関わらず、深刻な病気による体調不良を伝えてしまうと嘘だとバレてしまうので要注意ポイントです。

少しでも嘘だとバレないようにするには、精神的な病を理由に退職することを伝えるのがポイントです。

うつ病の他に強迫性障害など精神的な病はいくつもあり、見た感じは健康そうに見えます。

ただしこれらの精神的な病は仕事に支障を起こしてしまうことが多く、どのくらい深刻なのか会社や上司は中々判断することができないです。

また近年は精神的な病を発症する人が増えているので、少しずつ認識されている状況です。

できる限り嘘がバレたくないと考えている人は、このように精神的な病を理由に退職することがポイントです。

もしも嘘がバレてしまっても、会社や上司などの関係が気まずくなるだけで、処罰を受けなくてはいけない訳ではないです。

基本的に嘘でも問題はないのですが、きちんと体調不良を理由に退職したいことを伝えることが求められてきます。

体調不良を理由に退職する場合は、診断書が必要?

診断書

体調不良を理由に退職をする際、会社によっては診断書が必要になる場合もあります。

ただし必ず必要という訳ではなく、会社によっては体調不良による退職を伝えることで、認めてもらえるケースも存在しています。

診断書が不要の場合

もし診断書が必要ない会社だった場合、直接お世話になっている上司に体調不良による退職を伝えるだけで全然問題はありません。

それによって少しずつ退職を行えるように準備してくれるので、スムーズに退職しやすいです。

ただ診断書がない場合、本当に体調不良なのか疑われる場合があります。

その時に備えて、どのような病気を発症しているのか冷静に考えることが必要です。

あまりにも軽度な体調不良は、仕事をする上で支障がないと判断されてしまい、引きとめられる恐れが出てきます。

またあまりにも深刻な病気だと嘘がバレやすいので、上手く発症している病気を嘘つくことが大切です。

精神的な病は見た目では全然判断することができないですし、仕事に支障を起こしてしまう可能性が極めて高いです。

また病名だと考えるだけではなく、どのような症状が発生しているのかきちんと伝えることができれば、信じさせることができます。

診断書が不要だと上手く言葉で伝えないといけないので、とても大変です。

ただわざわざ病院に行く必要はないので、手っ取り早く体調不良を理由とした退職を伝えることが可能です。

診断書が必要な場合はしっかりと準備すること

体調不良による退職を希望している社員に対し、診断書を求めてくる会社も存在しています。

もしこのような会社を退職する場合、診断所を準備しないといけないので忘れないように気を付けることが必要です。

本当に怪我もしくは病気をしている場合は、速やかに診断書を作ってもらえます。

しかし嘘の場合、健康な状態を維持しているので残念ながら診断書を作ってもらえない恐れがあります。

そこで診断書を作ってもらう方法として、精神的な病を理由にすることで診断書を作成してもらえる可能性が高まります。

精神的な病の症状は本人しか分からないので、その時に頭痛や倦怠感など様々な症状を伝えれば、診断書を作成してもらいやすいです。

その症状を聞いた医師は、どんな精神的な病で症状が発生しているのか診断書に記載してくれるので、信憑性の高い診断書を作成してもらえます。

そして作成してもらった診断書を持参していき、体調不良による退職理由を伝えれば、診断書もあるので信じてもらえます。

基本的に診断書が必須という訳ではありませんが、会社によっては診断書がないと退職理由として認めてもらえない可能性があるので注意しないといけません。

体調不良を理由に退職する場合の伝え方

診断書

伝え方がとても大切になっており、慎重に伝えることで少しでも良い関係を保ちながら退職できるようになります。

その為にも3つポイントがあるので、できる限り知ることが求められてきます。

上司の状況を見極めて慎重に伝えること

何時でも気軽に体調不良を理由とした退職を伝えていい訳ではなく、上司の状況を見極めた上で伝えることがポイントです。

特に上司が忙しい仕事をしている時、退職理由を伝えてしまうと後回しにされる可能性があります。

状況によっては退職するまでにかなり時間がかかってしまう恐れがあるので、注意しなくてはいけません。

ある程度上司の仕事が落ち着いており、2人で話す時間が確保できた時に伝えることで、体調不良を理由とした退職を伝えやすくなります。

前々から体調が悪いことを伝えておく

いきなり体調不良を訴えても残念ながら信じてもらえない可能性があります。

そこで前々から体調が悪いことを伝えておけば、どのような状況になっているのか会社や上司は把握しやすいです。

そして本格的に退職したいと考えた時、体調不良を理由にすることで退職しやすくなります。

優しい上司の場合は、退職しやすいように環境を整えてくれるだけではなく、心配してくれる可能性もあります。

前々から体調不良を装うことによって、体調不良を理由にした退職を少しでもスムーズに実施しやすくなるので大切なポイントです。

書類や手紙ではなくしっかりと言葉で伝えること

書類や手紙の場合、素っ気ないイメージを与えやすいので対応する上司によっては、イライラしてしまう恐れがあります。

そこで書類や手紙で体調不良を伝えるのではなく、自分の言葉でしっかりと伝えることが重要です。

自分の言葉で体調不良による退職を実施したいことを伝えれば、少しでも上司をイライラさせないで話を聞いてくれる可能性が高まります。

体調不良でも円満退職するには

円満退職

体調不良を理由した退職でもきちんとした対処をすることで、円満退職をすることが可能です。

その為にも色んなポイントに注意しないといけないので、円満退職を希望している人はポイントを理解することが重要です。

迷惑をかけないように注意すること

退職するということは、現在所属している社員に作業負担が発生します。

体調不良が理由による退職でも2ヶ月ほど前には、退職することを伝えるだけではなく、上手く仕事を引き継ぎできるようにマニュアルなどを作成することが必要です。

そうすることで迷惑を極力かけないで済み、円満に退職しやすくなります。

申し訳ない気持ちで退職理由を伝える

明るい口調で退職理由を伝えた場合、円満退職が難しくなるので気を付けないといけません。

また体調不良による退職もバレやすくなるので、申し訳ない気持ちで退職理由を伝えることが重要なポイントです。

申し訳ない気持ちを全面的に出すことができれば、上司も強く引きとめることができないので円満退職しやすいです。

忙しい時に退職理由を伝えない

会社によって忙しい時期が異なっており、忙しい時期に退職するのは好ましくありません。

そこまで忙しくなく、仕事量が落ちついている時に体調不良を理由とした退職を伝えることで、良い関係をキープしやすいです。

長く会社に在籍しているほどどの時期が忙しくなるのか見極めやすいので、冷静に判断しないといけないです。

会社や上司に感謝を伝えること

体調不良による退職で円満退職したい場合、会社や上司に感謝を伝えることがとても大切です。

特に長い間在籍していた人は、給料や福利厚生によって安心して働くことを伝えるだけでも良い印象を与えやすいです。

また上司に対してもお世話になったことを伝えれば、気持ちよく退職しやすいです。

それだけではなく、退職するまでに色々とサポートしてくれる可能性も高まるので感謝を伝えることはとても重要な部分になります。

まとめ

多くの人が体調不良を理由に退職しており、円満退職することに成功しています。

診断書に関しては必要な会社と不要な会社があるので、どちらかなのか見極めてから退職を伝えることが必要です。

少しでも円満に退職するには迷惑をかけないように細心の注意をしていき、お世話になった会社や上司に感謝を伝えることが重要です。

また申し訳ない気持ちで伝えることで、少しでも引きとめられる可能性を減らせます。

それによって少しでも体調不良による退職を認めてもらいやすくなり、スムーズに退職しやすいです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事